2015年04月24日

自分の目指すもの4(マネージメント3人事管理)

前回までにお話したのは原価管理やコンセプトなどという比較的経験や理論的な理解とアイデアがあればある程度できるものなんですが、今回お話しする人材管理というのはそれぞれの個性や人間性というものが影響してしまうので一筋縄ではいかないものです。
そして人材というのはお店そのものがどうなっていくかに影響していきます。
マネージャーとしての人材管理ではどういうことが大事かと言いますと
①人件費(Labor cost)管理
いいスタッフをたくさん揃えるにこしたことはありませんが、会社の利益を考えて人件費をコントロールしないとなりません。当然経費が増えれば利益は減るわけですから。
店内のオペレーションの効率化などをして必要人員を減らすということも人件費のコントロールに繋がることです。人件費(主にレギュラースタッフ)は固定費となるものでお店が暇でもそれに比例して減るものではないのでコントロールが難しいコストの一つです。そしてマネージメントの中でもとても大事なものの一つです。
②人員管理
お店の内容やつくりにもよりますが、お店には必要人員、適正人員というものがあります。
10人が適正のお店で8人しかスタッフがいなければ、どこかでスタッフに無理がかかったりサービスが行き届かなくてお客様に迷惑をかけたりします。そして、スタッフも同じ給料で仕事だけがキツくなってしまったら、ストレスや不満がたまり退職する人がさらにでて悪循環を生みかねません。
お店の商品レベルやサービスレベルを維持するためにはしっかりと人員を確保しなくてはなりません。お客様にはスタッフが多いとか少ないとかいう事情はわかりませんし、関係のないことです。
人が少ないから手抜きしてもいいものでもありませんし、サービスが行き届かないということに対して「人が少ないから仕方ない」というお店側の勝手な理論は通用しません。
サービスというものは人があって成り立つものですのでサービス業においてはとても大事なものです。
そして、できるだけ長く続けてくれるスタッフを持つということも大事なことです。経験や信頼関係、連携力など一緒にやりながら培われるものというものはたくさんあります。
在籍スタッフ数の管理だけでなくシフト組みや休暇管理など人員管理のやるべきことはいろいろとあります。
③人材育成
私はマネージャー業務において一番重要視している項目です。
詳しくはカテゴリのリーダーシップ論(リンク)をご覧いただければ、私が人材育成というものをどれだけ重要視しているかわかっていただけるのではないかと思います。
スタッフを育てるためには、スタッフが前向きに頑張れる環境を作らなくてはいけません。そうしてスタッフが前向きに向上心を持つようになればサービスや商品の質もあがりお店の雰囲気もよくなっていくものです。そうなると長く続けてくれるスタッフも増えていくことになります。スタッフの意識改善、向上意識の植え付けというのはとても効果的で、現場のトップであるマネージャーにとって一番大事なことだと私は思ってます。
BLOGC2014FUSION.jpg
人を管理するためには経験やスキル、知識といったものも必要ですが優しさや思いやり、厳しさ、そして愛が必要だと思います。そういった意味では人から信頼されるマネージャーになるという目標を持つことは自分自身の人間性を高めるためにもとても素晴らしいことだと私は信じています。
特に私の仕事バーテンダーというものは自分がカクテルを作れるだけでは仕事になりません。自分だけがお酒の知識を持っていても仕事はうまくまわせません。
一緒に働く人々のステップアップを助けることが自分のステップアップになるのです。
マネージャー業務というものはとても奥深くておもしろいものだと私は思っています。

Hirakawa
posted by Robusto at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のめざすもの | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

日本と海外の違い3(日本人が勘違いしてる外来語1)

今回は多くの日本人が間違ったもしくは誤解して認識しているであろうと思う言葉(日本語英語)をいくつかあげさせていただけます。

①セレブリティ(celebrity)
日本では金持ちや高級なものを指す言葉のように使われてます。
日本ではただのお金持ちを指して「あの人はセレブだ」とか、リゾート地に旅行に行って「セレブな生活」などというようなことを言う人もいます。
しかし本来の意味は違います。英語のcelebrityの意味は著名人、有名人などをさす言葉でお金の有無や生活環境の豪華さを意味する言葉ではありません。そういう意味でいえば生前に一枚しか絵が売れたことのないゴッホは日本ではセレブではないかもしれませんが、本来の意味でいけば彼はcelebrityに当てはまります。
現代社会では著名人や有名人になればお金持ちになる可能性は高いのでどちらにも当てはまる人もいますが、ただのお金持ちは本来celebrityではありません。

②テンション(tension)
本来の英語の意味では「張りつめる」などという意味です。
日本人の多くは「テンションが高い」とか「テンションを上げる」というと「元気を出す」「気分を盛り上げる」というようなポジティブな意味で使う人もいますが、英語では「緊張」とか「緊迫」とか比較的ネガティブな意味で使われることが多い言葉です。
文法や使い方によって意味がかわることもありますが、「日本と中国のテンションが上がっている」という場合は英語的にテンションを解釈すればだいたい「日本と中国が緊迫関係にある」ということで「日本と中国がノリノリになっている」というような意味ではありません。この場合は間違ってはいますがある意味ポジティブでおもしろいなと個人的には思いますが。
BlogJAPANCHINA111.jpg
「日本、中国仲良しヤッホ〜!!」テンションア〜ップ!!ではありません・・・


③タレント(talent)
日本では主に芸能人をさす言葉と思われることが多いですが、これも英語で使う時は意味が違います。
才能とか素質、手腕という意味合いで使われます。職業をさす言葉でもありませんし、メディアに出ているかどうかも全く関係のない言葉なので、意味も使い方も全く違います。

④ハーフ(half)
日本ではこの一言で混血という意味で通ったりもしますが、英語で話す場合「Mix」と言うのが一般的で比率的な話で「I’m half Japanese and half American.」などと使うことはありますが「I'm Half」だけでは基本的に通じません。相手に「あなたは半分???」と疑問を持たれるだけでしょう。
クォーター(Quarter)も同じですね。あくまでも比率をさすことばです。日本語でも「私は4分の1です。」と言われてもチンプンカンプンですが「私は4分の1ロシア人の血が入ってます。」なら通じますよね。
完全な間違いとは言いませんが日本と同じ使い方ではほとんど意味が通じません。

じつはこんなのはまだまだたくさんあります。
posted by Robusto at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本にある言葉の間違い | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

争いや奪い合いよりも優しさと思いやりを

前回の「人間という恐ろしい生き物について思うこと」(リンク)のつづきです。
前回も書いたように人間にはたくさんの欲があります。
特に独占欲や支配欲というものは心の貧しさが生むものです。心に余裕や豊かさがないからそういう欲が湧くのです。
多くの世界の歴史の中でそのような欲望が様々な不幸を生んでいます。そんな教訓があっても人間は同じ過ちを繰り返すのです。
世界のいたるところで支配権を争う戦いが昔から続いてきました。世界のいたるところで奴隷や階級制度がありました。
そして要望に満ちた人たちは、さらなる欲望のために戦争という最悪の決断をするのです。
日本国内だったらバーテンダーという職業の私がこういう発言をするのはタブーと言われるのでしょうが、まだまだ未熟ながらも国際的な位置で仕事をさせていただいてる私なりの意見をあえて書かせていただこうと思います。

私は過去の大戦で命を張って戦った日本の先人たちには大きな敬意と感謝の気持ちを持っています。
国のために前線で戦った勇気ある軍人の人たちに対しては・・・
しかし、私はあの戦争が正しかったとは思ってません。あの戦争に限らず、どの戦争においても人殺しという行為に正義はないと思ってます。たとえどんな状況であったにしろ、自国の国民を危険に晒して多くの犠牲を生み、自国の兵士に罪もない敵国の人たちを殺せと指示した、戦争という行為を選択したのは大きな間違いであると私は思っています。
それぞれの国の言い分や正義をいくら語ろうとも、大量殺戮行為である戦争という行為をやろうと決断した各国首脳、政府高官たちの決断が正しいものだったとは私は思えません。
ハルノートの内容がどうであろうと、どんな窮地に立っていようと国民の生活や安全、そして命を守るのが政府の大事な役目ではないでしょうか?
殺し合いで前線に立つのは、その政府高官たちではなく軍人たちです。軍人とは言っても彼らの多くは国を守るために、国にいる家族たちを守るために軍人として戦っているわけで、人殺しの道具ではありません。
戦争が起きれば、どこの国も国民に正義の意義や正当性を主張しようとします。しかし、そんなものは正義ではないと私は思います。一方的な正義なんてただのエゴでしかありません。罪の無い人を争いに巻き込んで犠牲にして悲しむ人たちを作ることのどこに正義があるのか私には理解できません。
どんな正論を並べようが、それはエゴなんです。

奪い合うこと、いがみ合うこと、憎しみ合うこと、傷つけ合うこと、殺し合うことには何のメリットもありません。
逆に
分け合うこと、協力し合うこと、助け合うこと、譲り合うこと、笑顔を交わし合うことにはたくさんのメリットがあります。

これから我々人間はどう生きていけばいいのでしょうか?
これからも奪い合いや殺し合いを続けていくべきなのでしょうか?

インターネットの世界では尖閣諸島や竹島などの問題に対して簡単に「戦争だ!」とか書き込む人たちがいます。
ではそう言う人たちは誰も住んでない島が欲しいがために平和な生活を捨てて殺し合いがしたいですか?
あなたの家族や友人が殺されることになっても平気なのですか?
そうなったらほとんどの人たちが後悔をすると思います。
苦しむのは決断をした政府ではなく国民なんです。戦争をして特をするのは国民ではありません。

一部の人間の欲望や意地、プライドのために罪の無い人たちを犠牲にするような世の中は変わらなくてはなりません。

Hirakawa
posted by Robusto at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記「人類について」 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。