2015年05月07日

経済社会が人類に与えたものと失うもの 3(現代の経済は借金でできている)

前回の経済社会が人類に与えたものと失うもの 2(紙幣とは何か?)でお伝えした通り現代の紙幣は不換紙幣です。
存在する物質に対して交換が約束された紙幣ではなく政府を後ろ盾とした銀行(日本の場合は日本銀行)が発行する他の貨幣と交換できる券なのです。
しかし、その後ろ盾が無くなった場合紙幣というものはただの紙切れでしかないのです。
どういうことかと言いますと一円硬貨1万枚を持っているのと1万円札一枚持っているのでは貨幣額面上は同じ価値なのですが物質的な価値は1円硬貨のほうがはるかに高いのです。アルミニウムの相場にもよりますが1個あたりの1円玉に使われているアルミニウムの原料価格は0.7円程度と言われてます。製造コストなどを合わせれば2円近い金額になるそうです。
なのでもし日本政府と言う後ろ盾が無くなって日本円の強制力や保証が無くなった場合にはアルミニウム100%である1円硬貨は金属としての価値が残りますが、一万円札は一枚の紙切れという価値しかなくなるのです。

さて、現在世界中に存在するお金はどれくらいあるのでしょうか?
地球上にある資源や物質などの総量と世界に存在するお金のバランスとはどのくらいなんでしょうか?
今現在誰もそれを正確には把握してません。ほとんどの人は「まだまだ石油も金属も木材や石材もなくならないだろう」と考えていると思います。
今は誰も大きな不安を持ってはいませんが、現世界において必要な資源や物質が不足する不安を人々が抱いた時に世界の経済は破綻する可能性があると私は思っています。
たとえば森林から取れる木材があと数年で無くなるとなった場合に木材の価格は急高騰するでしょう。石油や金属などもそうです。それに変わる資源や物質があらわれない限り今までの価格の何倍もの価格になるでしょう。
今のところそういう不安はないでしょうが、将来的に絶対にそういう日が来ないとは言い切れないですよね?
もしそうなったらどうなりますか?世の中の物価バランスは大きく崩れ、それに合わせて世界経済のバランスは大きく崩れてしまうと思います。国によっては国家崩壊の危機にいたるかもしれません。
現在限りある資源に変わる新しいエネルギーを探そうと多くの研究などがおこなわれますが、現代の経済社会が続けばいつか地球は危険な状態になると私は思ってます。そう思う理由については次回詳しく書かせていただこうと思ってます。

Hirakawa
posted by Robusto at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記「人類について」 | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

恋愛について 1(男性と女性の考え方の違い)

私のブログは比較的堅い話が多いので今回は少し趣向を変えて、バーテンダーとして様々な恋愛相談などを受けた経験を元に恋愛の話でも書いていこうかと思います。

私は女性にとって話しやすい性格というかキャラクターだそうで昔からよく恋愛相談を含めた様々な相談などを受けることが多いです。特に女性のお客様からの相談が多いです。本来そういった話は他人に話すべきではありませんが、今まで国も職場もいろいろ変わってきましたので個人の特定もできなさそうな話に限ってそういう経験を踏まえたお話を書かせていただこうと思います。

今回は男性と女性の考え方の違いについて書いていきます。
そもそも男と女とは思考が違うものです。が、しかし・・・
よく女性が「男の考えることは理解できない」とか男性が「女は基本的に違う生き物だから考えが違う」などという発言を耳にします。
確かにその通りではありますが、ズバリ言わせてもらうと「そういう考えだから、相手の気持ちを理解できない」のです。
基本的に人間というものはみんな違う価値観を持っているものです。男同士でも女同士でも他人の考えや価値観というものは簡単には理解しにくいものです。
異性の考えはわからないという、自分の最愛の人であるべき人を異性という大きなカテゴリの中の一つとして考えて理解してあげようとしないことがそもそも相手を理解できない一つの理由なんです。
前回書いた記事でも同じようなことを書きましたが、そういう雑な考えが的確な判断をできない鈍い考え方を生んでしまうのです。
BLOG276FRIENDSRIVESSIDE.jpg
まずは男性視点で言わせてもらいます。
はっきり言わせてもらうと青年雑誌などで「女の口説き方」とか「外さないデートのしかた」などのHow to系ばかりを参考にして、それを鵜呑みにしてるようでは駄目なんです。
みんな価値観も考え方も違うんですから、初回のデートくらいは定番でも仕方ないのでしょうが、二回目からでもいいから少しでも相手の趣味や嗜好に合わせてあげようという努力をするかどうかが大事だと私は思います。
女性は特にそういうことに敏感です。
相手が好きと言っていたものを覚えていてあげたり、相手の性格や都合などを考慮してあげたりすると女性は嬉しいものです。
例えば、相手が蕎麦が好きと言っていたとしましょう。
最高級のフレンチやステーキハウスなどに連れて行くのもいいのかもしれません、しかし彼女のために一生懸命美味しいお蕎麦屋さんを見つけて連れて行ってあげたほうが「私のこと理解しようとしてくれているんだ」という風に思ってもらえる可能性は高いと思います。
もちろん女性も考え方それぞれです。気を使われすぎるのが嫌だという人もいるでしょう。だから上記のやり方が絶対ではないのです。最初にも言ったように男だろうが女だろうが、全ての人が同じ考え方や価値観ではないということです。絶対のセオリーなんてないのです。


しかし、相手を思いやる考え方を持つということはとても大事なことなのです。
時には判断ミスや失敗もあるでしょうが、相手のことを思いやろうと努力し続けていれば、いつかは報われると私は思います。
相手を「異性の中の一人」と思わずに「世界にたった一人の特別な人間」だと思うことが大事なのではないかというのが私の恋愛持論の一つです。

Hirakawa
posted by Robusto at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記「恋愛について」 | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

仕事においての私の考え方2 雑な考え方をしない

仕事においての私の考え方1 観点を広く持つのつづきです。

よく大きなカテゴリやリージョンでひとまとめにものごとを判断する人がいます。
例えば
「カリフォルニアワインはハズレがない」だとか「チリワインは安くて飲みやすい」だとか・・・
確かに多少の傾向はあるとは思いますが、そうでないものも意外と多いのです。その方が今までに飲んだ経験の中ではもしかしたら全てそうだったのかもしれません。だからそういうことを確信を持って言うのかもしれません。
しかし、経験や知識が増えればそういった偏った判断は減ると思うのです。そしてそういう固定観念はものごとの判断を鈍らせかねません。
例えば
担々麺を一度しか食べたことがない人はその担々麺の味が担々麺の全てだと思うかもしれません。
しかし3回担々麺を食べた人が3回とも辛かった場合にはその人は「担々麺というものは辛いもの」と認識を持つかもしれません。
さらには10回担々麺を食べたことがある人が、そのうちの一つだけ辛くなかったという経験をしていれば「担々麺は必ずしも辛いものではない」という認識を持つかもしれません。
実際担々麺には辛いものも辛くないものもあり、汁があるものもないものもあります。
いろんなものを経験してこそ本当に「担々麺はこういうもの」という偏らない認識を持てるのではないかと思います。
ほかの飲食品でもそうです。甘いカクテルしか飲んだことない人は「カクテルは甘いもの」と思ってしまうかもしれませんし、冷たいビールしか飲んだことない人には「冷たくないビールなんてあり得ない」と思うかもしれません。
少ない経験や少ない知識でものごとを判断すれば、偏った認識になりかねません。

特に日本人は分類分けや系統分けが好きです。性格の血液型分類などもその一つですが、固定観念にとらわれる人が多いように私は思います。
「B型なのに几帳面」とか「A型なのに大雑把」というようなことを言う人がいますが、そういう人もいますし、いても何も不思議なことではありません。その人が勝手に決めつけているだけなのですから。
人間の性格はたった4種類で分類分けできるほどシンプルではありません。
BLOG276Fusion2014COUNTER.jpg
もちろん様々なカテゴリに傾向があるのは事実ですが、それに固執してなんでも決めつけると正しい判断はできません。どんなカテゴリにも例外はあるものですから。

Hirakawa
posted by Robusto at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の考え方 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。