2015年09月25日

趣味、稼業、ビジネスの違い Part1

現時点で私は独立(自営)をする予定はありません。
それにはいくつかの理由があります。
以前の記事でも書いたことがありますが、「プロとしてオファーをもらう」というスタイルで今は仕事がしたいからです。日本を離れた理由にも書いたように世界中の多くのオーナーに「日本人バーテンダーを雇いたい」と思わせるには、雇われた日本人バーテンダーによるお店の成功例が一つでも多いほうがいいわけです。
では、その中で言う「プロ」とはなんなのでしょうか?
プロフェッショナルの一般的定義とは別で私の持つ目標の中で求める、現在の私の中の「プロ」という考えがあります。
私の中での「プロ」は単純に考えてお店や会社に利益をもたらす人材だというのが一つの考え方です。
もちろんそれができる、技術、知識、経験など様々な能力が求められます。
私の現在求めているプロの形は「ビジネス」のなかで能力を発揮できるものと考えています。
この場合のビジネスとは趣味や稼業(家業ではなく稼業です。)とは違ったものです。
稼業とは自分や自分の家族が生きていくための生計を立てるためにやるものであって、ビジネスとは根本的に違うものと私はとらえてます。
例えば我々のバーの世界で言うと稼業とは「オーナー1人で営業するお店」であったり「奥さんなどの家族とかお手伝い的なアルバイトやスタッフと経営するお店」でオーナーが自分の食いぶちを作るためのお店であって、そういったスタイルは主に個人の小さなお店に多いスタイルです。
このような稼業スタイルのお店は現在日本では一番増えつつあるスタイルです。もちろん私はこういうスタイルを否定するつもりはありません。こういう個人店のほうがいろんなこだわりや個性を持つことができますし、小型店ならではの雰囲気や使いやすさのメリットはたくさんあると思います。ただ、私個人の目標が違うというだけで、稼業としてお店をやるということもバーテンダーの一つの形だと思ってますので、別にそれらを否定しているわけではありませんので誤解しないでください。
ではビジネスとしてのバーはどう違うかといいますと、簡単に言えば会社、企業としての利益を追求するお店です。どう違うかわかりやすく項目別に書いてみたいと思います。
スクリーンショット 2015-09-26 17.49.49.png
大きな画像で表をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。
もちろん個人店で稼業として働く人がプロではないわけではありませんが、他人からオファーをもらう(雇われる)という意味でのプロを私は今目指しています。
この私の考えが理解していただければ、今後私が書く記事の中での様々な行動の意図が理解していただけると思います。

Part2へつづく
posted by Robusto at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の考え方 | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

恋愛について 2(日本人女性と外国人女性の違い)

今回は自分の経験も踏まえて日本人と外国人の女性の違いについて書かせていただこうと思います。
これはあくまでも傾向であって全ての人がそうだということはありませんが、結構な割合でこういう傾向があるのではないかなと私は思います。

①コミニュケーション
これは付き合うとかいう以前の話ですが、日本人に比べ外国人女性は恋愛感情の有無に関わらずある程度の友人関係になったら、かなりフレンドリーでスキンシップが多いです。
日本人だったら「好意を持たれてるのではないか?」という素敵な勘違いをしてしまいそうなことがあるくらい、とても積極的というか友好的な人が多いです。
もちろん各個人によって違いますが、日本カルチャーではまず考えられないくらいコミニュケーションは積極的で親密なことが多いです。
これは男性でも女性でも同じなのですが、日本だと男性が女性に対してある程度以上の親切なことをすると「下心があるのでは?」と勘ぐる人がいたりもしたり、女性が男性に対しての場合だと「俺に気があるな?」と勘違いする人もいるのでしょうが、外国人って日本人に比べて比較的さっぱりしてる人が多いです。
何か親切にしてくれたことに対しては「Thank you」だし、何かをしてあげたほうも「Your welcome」であっさりと終わります。お礼や見返りなどを求めるようなことというのはなかなかないと思います。
しかし、日本のカルチャーには「相手の礼に対しては礼を尽くして返す」的な考えもありますので、何かしてもらったら何かを返さないといけないという義務感的な感覚があるからかもしれませんが、何かをしてもらったことに対して気楽に受け取れないということがあるのでしょう。それはそれでいいカルチャーなので悪いことだとは思わないのですが、日本人は少し堅く考えてしまっている人が多いのではないかなと個人的には思います。

②フィーリング判断
日本人って比較的付き合う人の職業や年齢とか、その他様々な情報を元に付き合うことを判断する人が多いように思いますが、私の知る限りの外国人の場合って決断が早い人が多いんですよね。
付き合った女性も別にパーソナルインフォメーションなんかほとんど聞いてこない人が多いんです。付き合ってからお互いにだんだん知っていくということが多く、どう考えてもフィーリングでしか判断していないんじゃないかと思ってしまいます。
日本人は「ちゃんとお付き合いしてから肉体関係は」とか「何回かデートをしてからお付き合いするか決める」というような人が結構いるように思うのですが、私自身が付き合った外国人を含めまわりにいた外国人カップルを見ていても、あまり日本人のような段階を踏んでいるような人は見たことがありません。
もちろん、私もそんなたくさんの経験があるわけではないので狭く小さい経験の中での判断でこのようなことを書いておりますが、いままでの私の経験上「日本人女性は慎重」という印象が比較的大きいです。
BLOG1a1a0000000000S.jpg
③付き合う宣言
日本人女性はけっこうな割合で「付き合おう」とか「彼女になって」という言葉を求める人が多いです。はっきりとお付き合いが始まったかどうかの確認をしたがる人が多いです。
外国人女性の場合、そういうことを求めずにある程度の関係になったらいつの間にか友人などにボーイフレンドとして紹介しだすことがあったりします。これは肉体関係の有無に関わらず、何回かのデートやキスをした段階でも相手が「この人は私のボーイフレンド」と意識したら許可や確認もなく彼氏認定されるようです。どこが境目なのかは個人によっても違うのでしょうが、いちいち言葉で確認しなくても自分が相手を好きで相手も自分を好きでいてくれてるということが確認されれば言葉で言う必要はないということなのでしょう。

こうして違いを書きましたが、どちらがいいとか悪いとかという話ではありません。
前回にも書いた通り多少の傾向はあるにしても、人種や国籍に関係なく人間一人一人の考え方は違います。日本人だから外国人だからということではなく相手の考え方や気持ちを理解して対応することが大事なのではないかと思います。
男も女も一人一人みんな考え方が違うのですから、その違う考え方を理解することが恋愛に限らず人と人のコミニュケーションにおいては大事なのではないかと思います。

平川
posted by Robusto at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記「恋愛について」 | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

仕事においての私の考え方3 客観的なものの見方をする

前回までに固定概念にとらわれない考え方をするということを書きましたが、ではいったいどういう風にしたらそういう考え方にならずに済むのかと言いますと、様々な視点での情報を集めるということです。
人間というものは価値観やものごとの捉え方は様々です。
同じことやものに対しても人や状況が変わればそれに対する捉え方は変わってくるということです。
我々サービス業にとっては客観的にものごとをみるということは非常に大事なことです。
「自分がどう思うか?」よりも「お客様がどう思うか?」のほうがお店のサービスや品質を改善するためには必要な情報だからです。
しかし一言に客観的とはいっても他人の価値観や考え方は本当に様々です。
そういった多角的な視点を持つ方法の一つとして「経験」と「知識」というものがあるでしょう。まずは自分がいろんな経験を持っていれば自分の経験に照らし合わせて他人の考え方や気持ちというものが理解できるようになると思います。
そして知識がないと相手の言っていることの中に理解できないことが出てきたりします。それでは他人の気持ちや考え方を理解するどころではありません。
そしてもう一つは想像力を持つということです。他人の話や意見を聞く時にできるだけそれをイメージすることです。例えば経験談を聞いているならその情景を思い浮かべたり、自分に置き換えて想像することを繰り返していけばそういう時の気持ちや状況を少しでも理解できるようになると思います。
BLOG276FUSIONFRIENDS.jpg
そして常に相手の気持ちや考え方を理解しようという意識を持っていれば、受け取れる情報や知識、価値観というものはどんどん増えていくものです。
客観的にものごとを考えるようにするということが役に立つのは、仕事の中だけのことではありません。
それが優しさや思いやりという形になって自分の人生をも豊かにしてくれるということにも繋がります。
限られた人生で自分でできる経験というものは限られていますが、多くの人と接することができてそういった人たちの経験や価値観、考え方などを吸収していければより多くの知識や考え方が身に付きます。
それは「接客業をしていて本当に良かった」と思える一つの大きな要因です。

平川
posted by Robusto at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の考え方 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。