2015年04月21日

争いや奪い合いよりも優しさと思いやりを

前回の「人間という恐ろしい生き物について思うこと」(リンク)のつづきです。
前回も書いたように人間にはたくさんの欲があります。
特に独占欲や支配欲というものは心の貧しさが生むものです。心に余裕や豊かさがないからそういう欲が湧くのです。
多くの世界の歴史の中でそのような欲望が様々な不幸を生んでいます。そんな教訓があっても人間は同じ過ちを繰り返すのです。
世界のいたるところで支配権を争う戦いが昔から続いてきました。世界のいたるところで奴隷や階級制度がありました。
そして要望に満ちた人たちは、さらなる欲望のために戦争という最悪の決断をするのです。
日本国内だったらバーテンダーという職業の私がこういう発言をするのはタブーと言われるのでしょうが、まだまだ未熟ながらも国際的な位置で仕事をさせていただいてる私なりの意見をあえて書かせていただこうと思います。

私は過去の大戦で命を張って戦った日本の先人たちには大きな敬意と感謝の気持ちを持っています。
国のために前線で戦った勇気ある軍人の人たちに対しては・・・
しかし、私はあの戦争が正しかったとは思ってません。あの戦争に限らず、どの戦争においても人殺しという行為に正義はないと思ってます。たとえどんな状況であったにしろ、自国の国民を危険に晒して多くの犠牲を生み、自国の兵士に罪もない敵国の人たちを殺せと指示した、戦争という行為を選択したのは大きな間違いであると私は思っています。
それぞれの国の言い分や正義をいくら語ろうとも、大量殺戮行為である戦争という行為をやろうと決断した各国首脳、政府高官たちの決断が正しいものだったとは私は思えません。
ハルノートの内容がどうであろうと、どんな窮地に立っていようと国民の生活や安全、そして命を守るのが政府の大事な役目ではないでしょうか?
殺し合いで前線に立つのは、その政府高官たちではなく軍人たちです。軍人とは言っても彼らの多くは国を守るために、国にいる家族たちを守るために軍人として戦っているわけで、人殺しの道具ではありません。
戦争が起きれば、どこの国も国民に正義の意義や正当性を主張しようとします。しかし、そんなものは正義ではないと私は思います。一方的な正義なんてただのエゴでしかありません。罪の無い人を争いに巻き込んで犠牲にして悲しむ人たちを作ることのどこに正義があるのか私には理解できません。
どんな正論を並べようが、それはエゴなんです。

奪い合うこと、いがみ合うこと、憎しみ合うこと、傷つけ合うこと、殺し合うことには何のメリットもありません。
逆に
分け合うこと、協力し合うこと、助け合うこと、譲り合うこと、笑顔を交わし合うことにはたくさんのメリットがあります。

これから我々人間はどう生きていけばいいのでしょうか?
これからも奪い合いや殺し合いを続けていくべきなのでしょうか?

インターネットの世界では尖閣諸島や竹島などの問題に対して簡単に「戦争だ!」とか書き込む人たちがいます。
ではそう言う人たちは誰も住んでない島が欲しいがために平和な生活を捨てて殺し合いがしたいですか?
あなたの家族や友人が殺されることになっても平気なのですか?
そうなったらほとんどの人たちが後悔をすると思います。
苦しむのは決断をした政府ではなく国民なんです。戦争をして特をするのは国民ではありません。

一部の人間の欲望や意地、プライドのために罪の無い人たちを犠牲にするような世の中は変わらなくてはなりません。

Hirakawa
posted by Robusto at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記「人類について」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

人間という恐ろしい生き物について思うこと

今回からはこのカテゴリで自分の思う世の中のことを書きたいと思います。

まず、人間という生き物について・・・
私はいつもつくづく思います。「人間とはなんと欲深い生き物なんだろう」ということを・・・
お金に困っているわけでもないのに贅沢したい、遊びたいがために人を騙したり略奪をしてお金や物を得ようとする人間。
ふざけたり面白半分で他人をいじめたり苦しめる人間。
自分の見栄や欲望のために他人を陥れたり嫌がらせをする人間。
保険金や身代金目当てに人を殺したりする人間。
領土や資源、そしてプライドのために戦争という大量殺戮行為を始める世界の国家主席や政治家という人間。

現代社会の中で・・・
自分が何かを得るために他人を悲しませることになんとも思わない人が世の中にはたくさんいます。
豪邸に住んだり、高級車に乗りたいがために他人を犠牲にする人が世の中にはたくさんいます。

こんな世の中は変わらなくてはならないと私は思っています。

もちろん私にも欲しい物もあるし、いい生活をしたいと思うことはあります。でも、私は他人より物欲や金欲は少ないほうだと思います。自分のまわりにいる家族や仲間、友人と幸せに生きていられることで結構な満足があります。
大きな邸宅で高級車と自家用ジェットに囲まれた生活のなかで金持ち自慢を他人にするよりも、おこずかい程度のお金を出してみんなでバーベキューしたり、遊びに行ったりするだけで充分私は幸せです。

人間以外の動物でも同種同士の殺しあいや共食いなどあるかもしれません。でも人間ほど意味もなく同種である人間(他人)を苦しめたり、悲しませたり、殺しあったりする動物はなかなかいないと思うのです。

特に戦争という愚かな行為をするのは人間だけではないかと思うのです。
同種の人間同士で殺しあい環境や資源を破壊しあっていく戦争という愚かな行為が世の中にまかり通っている現代社会はどこかで変わらなくてはならないと思うのです。

この話をはじめた根拠を今後もいろいろと書いていこうと思います。そして世界がもっと平和になるように、一人でも多くの人の悲しみが減り、一人でも多くの人が幸せになれるように、今後私なりにやりたいと思ってることがいくつかあります。
なぜ私がこんなことを考えるか?これから私が何をしようとしているのか?書いていきたいと思っております。
こんな私の雑記に付き合っていただける方、賛同していただける方がいれば幸いです。

Hirakawa
posted by Robusto at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記「人類について」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。