2015年04月01日

リーダーシップにおいて私なりに心がけていること3(長所を探す)

こちらも過去掲載の編集コピーです。よろしければ以前の記事も合わせてお読みください。
リーダーシップにおいて私なりに心がけていること1(人を見下さない)
リーダーシップにおいて私なりに心がけていること2(過程を評価する)
*****************************
長所を探すこと。
私が二十一歳になったばかりの頃、とあるお店に店長就任が決まった時に社長が一冊の本をプレゼントしてくれました。
その中にあった一つのお話に私は感銘を受けました。
デトロイトのある小学校での話です。
ある日の授業で実験用のネズミが逃げ出したときのこと、生徒たちは一生懸命ネズミを探したのですが全然見つかりません。そのとき先生は一緒に探そうとしていない一人の少年に声をかけました。「モーリス君も一緒にネズミを探して」と、しかしモーリス君は「僕は目が見えないから探せない」と断りました。彼は生まれてすぐに全盲となってしまい目が見えないのです。しかし先生はそれをわかった上で「あなたには優れた耳がある」と言ってみんなを静かにさせてモーリス君がネズミの音を感じたところを探しました。
そこにネズミはいたのです。今まで目が見えないことで消極的だった彼が自分が他人よりも優れているということを実感した瞬間でした。
そのきっかけがあって彼は自分の耳の持っている能力を発揮して音楽を始めました。
それから間もなく11歳のときにモータウンで契約をし、リトルスティービーワンダーという名前で12歳でデビューしました。そうです後にスティービーワンダーとして世界に知らない人はいないのではないかと言われるほどのスーパースターとなるのです。13歳で史上最年少のビルボードヒット100で一位を獲得するに至りました。
のちにスティービーワンダー自身があのきっかけが自分を変えたというほど、彼にとってはその先生の言葉が転機を与えたのです。
他人が見過ごしてしまっている才能や長所を見いだすこと、何かのきっかけを見いだすことをしてあげるということは簡単ではありません。それが生半可にいいというだけではなく、本当に優れたところであり、今後の伸びる可能性を見いださなくてはなりません。人はどうしても人の悪いところばかり気にしてしまうものです。自分が優れているということを認識するために人の悪いところを見るのではなく、自分より優れたところを探して素直に認めてあげればその人には自身がつきます。年齢や立場がどうであっても優れているものは優れているのです。人は誰しも褒められると嬉しいです。でも実力や才能を認めてもらうのは表面的に褒められるよりもっと嬉しいのです。それが頑張る原動力にもなるのです。
*****************************


Hirakawa
リーダーシップにおいて私なりに心がけていること4(平等と公平の違い)
posted by Robusto at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

リーダーシップにおいて私なりに心がけていること2(過程を評価する)

これも過去記事の編集コピーです。
*****************************
それは結果だけを求めず過程も評価することです。
ドラマなどの影響もあってかわかりませんが、「結果がすべてだ」という男が仕事のできる人のイメージのようですが、私はそうは思いません。結果を出すまでの過程がしっかりあって初めて安定した結果が生まれると思ってるからです。
結果だけならビギナーズラックで出てしまうこともあります。何かインチキをして表向きの結果だけをつくる人もいます。努力もせずに簡単に結果が出てしまった人はその後の努力を怠る可能性があります。
途中の過程をしっかり見てあげるというのはすごく大事なことなんです。一生懸命努力して結果が出なかった人となんの努力もしない人を同列で扱う上司はいい上司でしょうか?
人々の気持ちや努力、行動を把握できる上司は素晴らしい上司だと私は思います。そしてそれを踏まえた上で人を褒めたり厳しくしたり指導していくのが優秀な上司だと思います。
一生懸命努力してあと少しで結果が出そうなスタッフの背中を押してあげること、一生懸命やってるけど努力の方向性が違うスタッフの努力の方向を修正してあげること、努力してもなかなか結果が出せないスタッフを勇気付けて頑張らせることがスタッフに対しての大事なケアではないかと思います。スタッフにとってその過程を知ってもらって評価してもらえるというのは嬉しいことなんです。
「どういう努力をしてその結果を出したか?」それを理解してる人が一緒に結果を喜んで評価してくれるのと、全くそれをわかってないで褒める人ではスタッフの受け取り方は全く違います。
そして努力の仕方や結果を出すまでの過程を理解できたスタッフは次の結果も出せるようになるでしょう。
だから過程はすごく大事なんです。
努力をすることの意義、結果を出す方法を理解できたスタッフはいずれ自らの努力と意思で成長していけるでしょう。
そういうスタッフが着いてきてくれてまとめあげていけるリーダーこそ素晴らしいチームリーダーだと私は思ってます。
*****************************
1898215_10202875298910722_1241533831_n.jpg
これはあくまでも私の持論です。すべての人に当てはまるとは思いませんが、私はこれを心がけるようにしてます。
ただ結果を求めるのが指導者ではありません。結果を出せる人間に育てることが素晴らしい指導者なんです。

Hirakawa

リーダーシップにおいて私なりに心がけていること3(長所を探す)
posted by Robusto at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

リーダーシップにおいて私なりに心がけていること1(人を見下さない)

私が過去にFacebookで書いたことを編集コピーしてここに再掲載していこうと思います。
これは私が中国広州の276Fusionというバーで働いていた時に書いたものです。
*****************************
先日系列店で働いている日本に十年住んでいたというマネージャーが私を尋ねて来ました。
最初話し始めた頃は言葉が通じないことや文化や価値観的な違いがあるから大変だね、という感じで気遣ってくれてたのですが・・・
私はみんなが一生懸命理解しようとしてくれているし、少しずつよくなってきてるから大丈夫ですよ。と返したら・・・
「中国人には日本人の仕事は理解できない」「中国人はみんな駄目だ」とか中国に対して否定的なことばかりを言い始めたのでだんだん腹が立ってきて強く言い返しました。「それはあなたの周りにいる中国人のスタッフのことじゃないですか?私の周りにいる中国人のスタッフはそんなことはありません。なぜなら私は彼らがよくなってくれると信じて指導してますし、彼らもそれに応えようと努力してくれてます。あなたのところの問題は中国人のスタッフが悪いのではなく指導者であるあなたに問題があるんじゃないですか?」と言ったら、それまでは結構日本語ペラペラだったのに急に口数が少なくなって、日本語があんまりわからないような素振りをしだしました。
私のリーダーシップの一つの心がけは「スタッフや仲間を見下さない」ということです。自分が若かった頃に信頼して着いて行こうと思えた上司と思えなかった上司の大きな違いはそこでした。
だから私は自分がリーダーシップを取るようになってからは、部下や後輩の仕事の未熟な部分を見て「駄目だな」と思うことがあったら、それは指導者である自分が駄目なんだと思う心がけをしてきました。厳しく叱ることがあったとしても決して見下してはいけない。見下した時点で部下は着いてこなくなり、自分自身が駄目な指導者になってしまいます。その心がけは私が外国に出てより大きな結果を生んだと思います。外国人の仕事を見下す日本人は多いです。確かに日本人の仕事に対する姿勢やクオリティは高いと思います。でも指導者たる人間は人を育てること、スタッフの能力を引き出すことが一番大事な仕事です。自分のスキルを盾に威張ったり人を見下しても何もなりません。
その人たちの持っている素晴らしいものを引き出し、苦手なものを克服する勇気と行動力を与えるのが仕事です。見下したら持っている素晴らしいものも出してもらえず、苦手なものから避けて逃げる人になってしまいます。自分の部下が駄目なのは自分のせいなんです。
後で思えば系列店のマネージャーには気の毒なくらい強く言い過ぎてしまいましたが、でも中国人だって素晴らしいスタッフはたくさんいるんです。すべての人を人種や国籍でくくる考えも良くないと私は思ってます。そのマネージャーだって中国人ですからね。。。
*****************************
10334466_10203356443259030_5132588377839947500_n.jpg
海外ではこういった意識は特に大事なことだと思ってます。

Hirakawa

リーダーシップにおいて私なりに心がけていること2(過程を評価する)
posted by Robusto at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。