2015年05月07日

経済社会が人類に与えたものと失うもの 3(現代の経済は借金でできている)

前回の経済社会が人類に与えたものと失うもの 2(紙幣とは何か?)でお伝えした通り現代の紙幣は不換紙幣です。
存在する物質に対して交換が約束された紙幣ではなく政府を後ろ盾とした銀行(日本の場合は日本銀行)が発行する他の貨幣と交換できる券なのです。
しかし、その後ろ盾が無くなった場合紙幣というものはただの紙切れでしかないのです。
どういうことかと言いますと一円硬貨1万枚を持っているのと1万円札一枚持っているのでは貨幣額面上は同じ価値なのですが物質的な価値は1円硬貨のほうがはるかに高いのです。アルミニウムの相場にもよりますが1個あたりの1円玉に使われているアルミニウムの原料価格は0.7円程度と言われてます。製造コストなどを合わせれば2円近い金額になるそうです。
なのでもし日本政府と言う後ろ盾が無くなって日本円の強制力や保証が無くなった場合にはアルミニウム100%である1円硬貨は金属としての価値が残りますが、一万円札は一枚の紙切れという価値しかなくなるのです。

さて、現在世界中に存在するお金はどれくらいあるのでしょうか?
地球上にある資源や物質などの総量と世界に存在するお金のバランスとはどのくらいなんでしょうか?
今現在誰もそれを正確には把握してません。ほとんどの人は「まだまだ石油も金属も木材や石材もなくならないだろう」と考えていると思います。
今は誰も大きな不安を持ってはいませんが、現世界において必要な資源や物質が不足する不安を人々が抱いた時に世界の経済は破綻する可能性があると私は思っています。
たとえば森林から取れる木材があと数年で無くなるとなった場合に木材の価格は急高騰するでしょう。石油や金属などもそうです。それに変わる資源や物質があらわれない限り今までの価格の何倍もの価格になるでしょう。
今のところそういう不安はないでしょうが、将来的に絶対にそういう日が来ないとは言い切れないですよね?
もしそうなったらどうなりますか?世の中の物価バランスは大きく崩れ、それに合わせて世界経済のバランスは大きく崩れてしまうと思います。国によっては国家崩壊の危機にいたるかもしれません。
現在限りある資源に変わる新しいエネルギーを探そうと多くの研究などがおこなわれますが、現代の経済社会が続けばいつか地球は危険な状態になると私は思ってます。そう思う理由については次回詳しく書かせていただこうと思ってます。

Hirakawa
posted by Robusto at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記「人類について」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418577718

この記事へのトラックバック