2015年04月29日

経済社会が人類に与えたものと失うもの 1(そもそもお金とは何か?)

現代の経済体制は永久に続くものではありません。私は今までいろんなことを調べた知識のうえでそう思っています。それをここで書かせていただこうと思います。
できるだけわかりやすく書くために長くなると思いますので、何回かに分けて書かせていただきます。

現代社会においてお金というものは非常に重要な役割をしております。
なぜなら物々交換の時代ではなかなか存在し難かったサービス業というものや専門職というものが、現代社会においてこんなにたくさん存在できているのはお金というシステムがあるからこそなのです。

では、お金というものはそもそも何なのでしょうか?
現在の貨幣のルーツにあたる鋳造貨幣が作られたのが紀元前7世紀に現在のトルコのあたりに存在したリディア王国だと言われてます。
BMC_06.jpg
遥か昔、物々交換という原始的な方法では不便だったということから物品貨幣というものが生まれました。石や貝、穀物などといったものが現代の硬貨のような形で使われていましたが、いずれそれらよりも価値のある金や銀などの金属というものが物品貨幣として多く使われるようになりました。しかし金属の場合だと重さにバラツキがあるので重さを量ってその価値を確認しなければなりませんでした。
リディア国があったトルコの位置をご存知の方はわかると思いますが、トルコの位置は東西の交易路の中心となる場所でヨーロッパとアジアを行き来する場合には非常に便利な場所にありましたので公益の盛んなところだったというのは容易に想像ができます。
そんな交易の盛んなところで様々なものが取引される中で、一定量の重さで作られた硬貨なら重さを量らずとも数量でやり取りをするということができます。そこでそんな便利な鋳造貨幣というシステムが出来上がったのです。

さて、それでは考えてみましょう。
欲しい物品に対してそれに見合った分の価値の金属を交換するということは物々交換の頃から変わらないシステムです。
現代社会でもその原則はほぼ変わりません。世の中のものにはだいたい相場というものがあって需要や供給のバランスによって物の価値はある程度決まっており。その物品を手に入れるためにはそれに見合ったお金が支払われます。それが売買取引です。
売買取引の基本は「価値ある物品と同等の価値の貨幣を交換する」ということです。

しかし、昔と現代ではちょっと違う点があります。
その一つは現代の貨幣のほとんどが国家が発行、保証をする通貨というものを使っているということです。昔は人々が同等の価値だと認めた金属や物品が貨幣となっていましたが、現在は国家がそれを管理しています。
そしてその現代の国家が管理する貨幣は鋳造硬貨だけでなく銀行券という紙で作られた紙幣も使われています。
というわけで次回は紙幣とは何か?ということを書かせていただこうと思います。
posted by Robusto at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記「人類について」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418467035

この記事へのトラックバック