2015年04月16日

リーダーシップにおいて私なりに心がけていること6(自分に合ったやり方)

リーダージップ論を5回にわけて書き続けてきたわけですが、すべてにおいて言えることですが指導者の性格やキャラクター、教わるスタッフの性格などは皆違いますので、絶対に間違いないやり方(完全なセオリー)というものはほぼ無いといっていいものです。
優しそうな雰囲気の人と怖そうな雰囲気の人では同じことを言っても同じやり方をしても、相手への伝わり方や印象は当然違うのです。
リーダーシップや接客などにおいて自分のキャラクターを確立し、それがあるうえでの指導方法の理解というものが大事になってくると思うのです。
今回はそういった視点でリーダーシップ論を書かせていただこうと思います。
BLOGXDAY1.jpg
私は比較的相手に優しいイメージを持ってもらえるようです。そんな私のイメージに合わないやり方でいきなり相手に接すれば「この人ってこんな人だったの?」と思われることもあります。当然そのギャップをいい方向に利用することもできれば、悪い方向に作用してしまう場合もあるのです。

私は二十歳ぐらいの頃、憧れる先輩のやり方をコピーして真似しようとしていた時代がありました。
先輩は威厳があって厳しそうなキャラクターで独特の雰囲気を持っていましたから、厳しい言い方であったり頭ごなしにものを言っても部下や後輩たちは先輩に着いていってました。そんな先輩に私は憧れていました。
しかし、私がそれを真似て同じことをしようとしても全くうまくいきません。その時の私は「後輩に舐められてる」という単純な考えで、認められるために仕事能力をアップさせるべく努力をすると同時に舐められないキャラクター作りをしました。そして舐めてくるスタッフは厳しくし時には容赦なくクビにしたりして自分の立ち位置とやり方を確立しようとして比較的強引な仕事のしかたですすめていました。
しかし、どこかに無理は出てくるものです。表面上はどうにかなっているように見えても、スタッフにも私にも抑えているものや無理している部分があり何かのきっかけで問題が露呈してしまうのです。
若くしてお店を任されるようになったので、当時は「若いから舐められてた」と思っていましたが、歳をとるにつれそうでないことに私は気づきはじめました。
私は比較的、お客様や友人などから相談を受けたりすることが多いほうです。そして昔からそういった相談などに対しては比較的適切な対応ができたりしました。
そんな相談者の人には「あなたにはなんでも話しやすい」ということを言われたりもします。
私はそんな風に人に見られているということをいいことだと思い、もう一度自分を見つめなおそうと思いました。昔憧れていた先輩には私は怖くてあまりいろいろなことを話せませんでした。実際にはそんなことはないんですが「こんなこと言ったら怒られるんじゃないか?」という勝手な先入観すごくあって、まわりの人も皆がそういう接し方をしていうのもあり、皆が自然とそういう接し方をしてしまっていたのでしょう。
そんな先輩とは違い、私はみんながなんでも言ってくれやすい雰囲気だったのに、その先輩という理想の上司像と違った接し方を部下や後輩からされることに必要もない嫌悪感を感じてしまっていて、自分にとってどうしたらいいかということも考えずに、私には適さない理想というものを追いかけてしまったから無理があったのでしょう。
人間にはそれぞれ違った個性やキャラクター、イメージ、性格があるわけで皆が同じやり方をしたところで皆がうまくいくわけはありません。
二十代のあるとき、私はやり方を変えるようになりました。
他人の言葉を受け止める努力をするようにしたんです。今まで「上司にそんなこと言うなんて失礼なやつだな」とか「そんなこと俺に言うな」と思うようなことでも一旦は聞き入れることにしたのです。
最初のうちは精神的に辛い時期もありましたが、だんだん替わってくるのです。
そして昔自分の目指していたやり方と同じことをやろうとしている人を端から見ていると、今までの自分が滑稽に思えてきたのです。
そして、部下や後輩の素直な意見や質問を聞いていると、自分の勉強にもなったりするのです。そして頭ごなしにものを言っていた時代よりも部下や後輩がどんどん育つようになってきたのです。
私は「自分は部下に舐められている」という受け止め方から「自分は部下の意見を引き出せる」と思うようになることができました。もちろん部下や後輩は自分よりも経験や知識などは浅いことが多いので間違ったことを言うことも多いです。でも、そういった「間違ってるかもしれない」と思えるようなことでも相手が言えて、それを少しでも受け止めてあげれば、相手も少しずつ変わってくるのです。

例えば若い頃の私だったら
「炭酸類もシェーカーに一緒に入れて振ったらどうなるんですか?」というような質問に対して、頭ごなしに「そんなことやったらシェーカーの中の気圧があがって破裂したり液漏れしてしまうし、飲み物の炭酸が抜けてしまうからダメだ」ということをちょっと上から「そんなこともわからないのか?」と言わんばかりの言い方をしたりもしていたのですが。
あるときから
「どうなると思う?」「やってみるか?」という相手への選択肢を与えるようにしました。そしてそういう中から結論を出して教えてあげると納得度も高いうえに、その後もいろんな質問をしてきてくれるようになるものなんです。
基本的にそういう場合に私は「やってみるか?」と聞いてスタッフにやらせてみることが多いのですが、最初に「シェーカーの中の気圧があがるから、トップが外れないようにしっかり握るんだぞ」などというアドバイスをしてやらせてみます。そしてできあがった炭酸飲料も本人に飲ませてみます。それをやればどんなに頭の悪い子でもシェーカーに炭酸を入れるて振ることはカクテルを作るうえでは意味のない無駄なことだということを身を持って理解するのです。
ほかのことでも私はスタッフの疑問や質問を可能な限り受け止めるようにします。
そして疑問や質問を持ったら、答えを知れた時、理解できた時の喜びを感じさせてあげて。そういうときに躊躇なく答えを知ろうとする姿勢を作れるのです。それが人材が育ちやすい環境を作るということに繋がると私は思ってます。
若い頃には理解できていなかった自分を理解できたそのときに、私のリーダーシップ能力は大きく変わりました。
人を変えることだけが良いリーダーシップへの道ではありません。自分を変えることも良いリーダーシップ力を発揮するためには大事なことなのです。
まだまだ私には変われる何かがあるかもしれません。今後もそういった自分探しをしていきたいと思っております。

Hirakawa
posted by Robusto at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ論 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック