2015年04月14日

海外のバー事情3(チップ2)

海外のバー事情2(チップ1)からのつづきです。
前回はチップを払うお客様側目線で書きましたが、今回はチップをいただく従業員側として書こうと思います。
香港の多くのお店はチップをシェア制(トータル金額をフルタイムスタッフで割る)でチップを分配しています。しかし香港でも個人チップ制だったり、シェア制でも個人チップは別扱いにするところもあります。
個人扱いにするお店はCOD(説明はこちらをクリック)のお店に比較的多く、オーダーを取って持ってきてくれたりしたときにその都度そのスタッフに渡したりするのでそうなることが多いようです。
お会計が一括後払いの場合、お客様はお店全体へのチップを置くので均等にシェアするのが無難なので後会計のお店の多くはシェア制にしているのだと思います。
ちなみにチップは課税対象にはならずお店の規模や内容によっても違いはあるものの一月あたり日本円にして数万円程度の金額になりますので、スタッフたちにとっては大事な毎月の収入になります。

チップに関することで私の過去の経験談を書かせていただきたいと思います。

以前、私がとあるお店のマネージャーとして転職をしたときの話です。
そのお店に行ってから私は当然のごとくお店の改善をするためにいろいろなことを行っていきました。当然前からいたスタッフの中にはそれをよく思わない人もいます。その中でも私が行くまでマネージャーではないものの実質上現場のトップ的な位置にいたスタッフは私に対して明らかな敵対心を見せ他のスタッフをまとめて反発的な仕事をするようになりだしました。
私は時間をかけてでも仕事で結果を出し信頼を勝ち取っていくしかないと思い、掃除でも洗い物でも率先してやってお店の改善に努めていきました。
そのときはまだそんな状態なので、彼らを教育してトレーニングするよりもとにかく自分が率先していいサービスをおこない、彼らに手本として見せていくべきだとカウンター内業務も表に回っての接客もどんどんやっておりました。
スタッフの一部には私に対して少しずつ心を開いてくれる人もでてきましたが、私に敵対心を持っている子の見てる前ではそういう人たちも少し私との距離を取ろうとしてきます。
彼が私に協力させないように働きかけてるのは明らかでした。しかし、私はその彼のことは気にせずにひたすらお店のサービス改善に努めました。
そして、1ヶ月が過ぎた頃チップの分配をした次の日の営業でのこと・・・
今までは私が洗い物をしていても何も言わなかったスタッフたちが「洗い物は私たちがするから、あなたはお客様のところへ行って」と私に替わって洗い物をやってくれたり。お客様にオーダーを提供した後、説明などをしていると空のトレーを取って引いてくれたりとみんなが私の仕事のフォローをしてくれるのです。
私に敵対心を持っていたスタッフ以外みんなが私をフォローしてくれるので、あるときにスタッフと話していたら「あなたがお店にきてチップが倍以上になった」ということでした。そしてその日を境にみんながサービスの改善ということに意義を感じてくれだしたようで、私の指導もどんどん受け入れてくれるようになりました。
私に敵対心を持っていたスタッフだけがなかなか心を開いてはくれませんでしたが、他のスタッフたち全員が私を信頼してくれるようになってきたら当然彼だけ孤立してくるので、彼もだんだんと私の指示をちゃんときくようになりだしました。あのときの私はチップというシステムのおかげで思ったよりも早くスタッフたちの信頼を勝ち取ることに成功しました。
それまで、あまりチップというものにたいしては何も考えませんでしたが、この時からスタッフたちのチップのことを考えるのもマネージメントとして大事だなと思うようになりました。

他にもチップの話はいろいろいい話があります。ここに書けばキリがないので割愛しますが、多くの方にチップはただのお金ではないということを知っていただきたいです。お客様の満足度や感謝の気持ちを感じられるものであり、スタッフたちと仕事の満足感を共有できるありがたいものだと私は思ってます。

いつも多く払ってるお客様が急に払わなかったら「今日は何かやらかしたのかな?」とか相場以上のチップをくれる人がいたら「俺たちはいい仕事ができた」と思えるものです。
もちろんお釣りの小銭が面倒くさいからとか、なんとなくっていう人もいるのかもしれませんが、それでもいいんです。
以前のお店ではチップ分配日には必ずみんなで飲みに行ってましたが、やぱり頑張ったと評価された感じた後にみんなで飲むお酒はおいしいものです。

受け取る側の気持ちがわかるから、私はよそに行ったらよっぽどのことがない限り必ずチップを置いてきます。

Hirakawa
posted by Robusto at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のバー事情 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック