2015年04月12日

世界への挑戦4(海外で何をやっていくか?)

世界への挑戦において自分の目的ややるべきことは常にしっかり考えていかなくてはなりません。
世界への挑戦1(決意の理由)でも書いたことを読んでいただいてからこちらは読んでいただきたいと思います。

もし私がお金持ちになりたかったらバーテンダーという仕事は選ばなかったでしょう。お金持ちになりたいなら飲食業なんかよりもっと他にも効率的な仕事があるからです。
私がバーテンダーになった理由
もちろん飲食業である程度の財を成すことはできると思います。しかし、飲食業にはお金儲けということよりも違った楽しみがあります。お客様に味や雰囲気、サービスなどを楽しんでいただくという喜び。多くの人々と出会うことができいろんな話を聞くこともすごく楽しいことです。
普段の生活では出会わないような人とも出会うことができるのです。カウンターで繰り広げられる会話はビジネス、恋愛、日常のことなど様々です。多くの人々の価値観や感情、知識、経験といったものを知ることができます。こんなありがたい経験ができるのもバーテンダーならではのことです。
当然、バーに限ったことではありませんが、飲食店の営業というのはビジネスです。お店に利益を与え、一緒に働くスタッフたちとともに給料を稼がなくてはなりません。
ここまでの話だと海外とは関係ないかもしれません、しかし今からなぜ海外なのかということをお話させていただきます。
世界への挑戦1(決意の理由)を読んでいただいてるということ前提でお話させていただきます。
まず、日本と海外ではバーテンダーの立ち位置というか目指すものが少し違います。そして、飲食業に限ったことではありませんがビジネスの形も少し違います。
日本と違い海外のバーテンダーは独立志向はほとんどありません。立ち位置もウェイターなどと同じであまりプロという意識の高いバーテンダーは多くはありません。(近年の香港は変わってまいりましたが)
これに関しては今後どんどん変わっていくと思いますし、日本のバースタイルに近いものが増えていくでしょう。
そして、今私が海外で必要とされるバーテンダーの理想を考えるにあたって重要なことが一つあります。
それはマネージメント能力ということです。
詳しい内容はカテゴリ「自分のめざすもの」で書かせていただきますが、ここではなぜそれが必要かということを書かせていただこうと思います。
まず、会社の経営においても日本と海外の傾向には少し違いがあります。
日本の場合先ほども話したように独立志向というものが高いということもあり、創業者がそのまま経営のトップであり現場を仕切るトップの経営者となる会社組織が比較的多いです。例えば本田技研の本田宗一郎さんや松下電器の松下幸之助さんのような方々がわかりやすい例です。そして創業者から代替わりしても同族経営をおこなう会社も比較的多く見られます。
では海外はというと、比較的経営者がプロに経営や運営を任せることが多いです。日本国内の例でいうと日産のカルロスゴーンさんのような形です。出資者と現場のトップは別です。出資者は経営のプロにすべてを任せてその人物では経営状態がよくなければ、出資者が経営のトップを替えるという形で経営の舵取りはプロに任せることが多いのです。
わかりやすい例でいえばプロスポーツチームの経営者と監督のようなものでしょうか?少し位置関係は違いますが、経営者は采配や育成などをプロの監督に任せるのと同じようなことです。
そして海外でプロのバーテンダーでやっていくうえでは少なからずともある程度のマネージメントスキルは必要だと思うのです。
なぜなら、日本からわざわざ高い給料を払って呼ぶわけですから、下っ端のポジションというわけにはいきません。最低でもバー内の原価率の管理やストックコントロールくらいはできないとなりません。しかしそれだけでは少ないと思うのです。大きいお店なら別ですが、小さいお店となればトップのポジションに立つことになると思うのです。
そこで必要なのはマネージメントスキルです。
それがいずれ「この人を入れればお店が良くなる」という結果に繋がり、いろんなところからオファーが来ることに繋がります。私はそういうトータル的な意味合いで現場側のプロとして海外で活躍していきたいと思ってます。
カクテルを作る技術やお酒の知識も大事ですが、マネージメントスキルを養い、外国人スタッフを引っ張っていくリーダーシップを磨いていくことがプロのバーテンダーとして海外でやっていく一つのテーマだと思ってます。

Hirakawa
posted by Robusto at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界への挑戦 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417236393

この記事へのトラックバック