2016年10月06日

自分の人生について@誕生から幼少期

先月の下旬に突然電話がありました。
「父が腐乱死体で見つかった」という報告が母からありました。
約25年会っていませんでしたが、肉親は私一人しかおりません。長く会っていませんでしたが自分が生まれたときに世話をしてくれた父なので、逆に父が死んだ時は私がいろいろやらなくてはならないのではと思い日本に帰ることにしました。
ちょうど新店舗のオープニングができない状態で予定がずれ込んでおり、今月の頭に休みが取れることになったのでいろいろな対応をしに日本に行ってまいりました。
そのことに関してはまたあらためて書くとして、そのときにいろいろ考えることがあり自分の経験や思いを何かに残そうと思い長らく更新の滞っていたブログを再開することにしました。
そして自分の人生の記録をここに残そうと思いました。
長いお話になりそうですが、もしご興味ありましたらご覧いただけるとありがたく思います。

@誕生から幼少期
自分が生まれたときに両親は東京に住んでおりました。なので私は東京生まれです。小学校に上がるまでの幼少期は中野や練馬などに住んでおり6歳までは一人っ子でしたので親からも可愛がってもらいながら育っていたようです。4,5歳頃の私は東武練馬の駅近くの北町というところに住んでおり、近所の友達を引き連れていろいろなところに冒険に行くのが好きでした。近くにあった浅間神社が主な遊び場でしたが、近所の子供を2,3人引き連れて東武東上線で近くの駅に行きみんなで冒険しながら帰るのが私の好きな遊びでした。最初のうちは隣の上板橋駅まで行き確実な線路沿いを歩きながら帰ってましたが、だんだん慣れてくると線路付近から外れて違う道を使ったり、さらには先のときわ台の駅まで行ったりもするようになりました。今でもまだ覚えていますが、そんな遊びを繰り返していたある日、その中の一人の子が不安になったのか泣き出して周りの大人たちが心配しだして、その中の親の誰かと連絡を取り誰かの母親が迎えに来て、私はみんなをまとめていたリーダーでその遊びの言い出しっぺだったのでかなり怒られその遊びを禁止されて悔しかったことをうろ覚えですが今でも覚えています。
私は本当に変わり者で6歳くらいの頃、まわりの子たちはピンクレディブームでみんながピンクレディファンだったのに私はサーカスというコーラスグループが大好きでした。あの頃から遊び方も好きなものの趣味も他人に影響されない独自の価値観を持ち出すようになりだしていました。とくにMrサマータイムという曲は今でも好きなメロディですね。
妹が生まれるまでの6歳までの間はそれなりに可愛がってもらいながら、甘やかされて幸せな幼少期を過ごしていました。今でもその記憶は所々残っております。
しかし、妹が生まれることによって私の生活は大きく変わりだしました。

その頃に好きだった"Mrサマータイム"のフランス語バージョンです。もし良ければ聞いてみてください。

次回は
A虐待を受けていた小学校低学年時期
を書かせていただこうと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。