2015年05月03日

仕事においての私の考え方2 雑な考え方をしない

仕事においての私の考え方1 観点を広く持つのつづきです。

よく大きなカテゴリやリージョンでひとまとめにものごとを判断する人がいます。
例えば
「カリフォルニアワインはハズレがない」だとか「チリワインは安くて飲みやすい」だとか・・・
確かに多少の傾向はあるとは思いますが、そうでないものも意外と多いのです。その方が今までに飲んだ経験の中ではもしかしたら全てそうだったのかもしれません。だからそういうことを確信を持って言うのかもしれません。
しかし、経験や知識が増えればそういった偏った判断は減ると思うのです。そしてそういう固定観念はものごとの判断を鈍らせかねません。
例えば
担々麺を一度しか食べたことがない人はその担々麺の味が担々麺の全てだと思うかもしれません。
しかし3回担々麺を食べた人が3回とも辛かった場合にはその人は「担々麺というものは辛いもの」と認識を持つかもしれません。
さらには10回担々麺を食べたことがある人が、そのうちの一つだけ辛くなかったという経験をしていれば「担々麺は必ずしも辛いものではない」という認識を持つかもしれません。
実際担々麺には辛いものも辛くないものもあり、汁があるものもないものもあります。
いろんなものを経験してこそ本当に「担々麺はこういうもの」という偏らない認識を持てるのではないかと思います。
ほかの飲食品でもそうです。甘いカクテルしか飲んだことない人は「カクテルは甘いもの」と思ってしまうかもしれませんし、冷たいビールしか飲んだことない人には「冷たくないビールなんてあり得ない」と思うかもしれません。
少ない経験や少ない知識でものごとを判断すれば、偏った認識になりかねません。

特に日本人は分類分けや系統分けが好きです。性格の血液型分類などもその一つですが、固定観念にとらわれる人が多いように私は思います。
「B型なのに几帳面」とか「A型なのに大雑把」というようなことを言う人がいますが、そういう人もいますし、いても何も不思議なことではありません。その人が勝手に決めつけているだけなのですから。
人間の性格はたった4種類で分類分けできるほどシンプルではありません。
BLOG276Fusion2014COUNTER.jpg
もちろん様々なカテゴリに傾向があるのは事実ですが、それに固執してなんでも決めつけると正しい判断はできません。どんなカテゴリにも例外はあるものですから。

Hirakawa
posted by Robusto at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の考え方 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。