2015年05月01日

経済社会が人類に与えたものと失うもの 2(紙幣とは何か?)

経済社会が人類に与えたものと失うもの 1(そもそもお金とは何か?)からのつづきです。
さて、前回は「お金とは何か?」ということについて書きました。そして物品貨幣や鋳造貨幣というところまでお話ししました。今回は紙幣について書きたいと思います。

動画を見ていただければわかりやすいと思いますが、そもそも紙幣というのは(のちの銀行となる)金庫業をやっている人が発行する預かり証(銀行券)がルーツだと言われています。
そして19世紀にイギリスからはじまった金本位制が世界に広がりました。銀行券というものは兌換券(金と交換できることが保証された券)として金の保有量に応じて発行されてました。
だからこの頃は銀行券(兌換紙幣)というものは金との交換が約束された券という明確な価値を持っていました。

しかし1914年の第一次世界大戦をきっかけに各国の対外支払いなどが増え、各国は一時的に金本位制を保てなくなってしまいました。後に一時的に各国金本位制が復活するものの再び金本位制は保てなくなり、唯一アメリカ合衆国のUSドルのみが兌換券となり、不換券となってしまった他国の紙幣はUSドルと交換できる紙幣という形になりました。
そして1971年の8月にはそのUSドル紙幣も不換券となってしまったのです。

なので現代の紙幣は国が管理と保証をしているものの、何かとの交換が約束された紙幣ではないのです。

兌換紙幣の場合は金や銀などの量に応じて発行されていたため、もしそれが不正なくちゃんと管理された兌換券ならば紙幣を持ったすべての人が紙幣を物品に変えようとしても何も問題は起きません。
しかし不換紙幣の場合(発行量にもよりますが)はもし国中の全ての人が持っている紙幣を何かの物品に変えようとした場合に物資不足になる可能性が高くインフレになるでしょう。場合によっては紙幣の価値はなくなってしまうかもしれません。
なぜ我々はこの紙幣というものを信じているのでしょうか?
そもそもなぜ兌換券というものができたかと言いますと、紙幣というただの紙切れに価値を持たせるためにはっきりと価値がわかるものと交換を約束したので、人は紙幣を信用してお金として使うようになったのです。
それが日常的に繰り返されることによって紙幣というものに疑いを持つ者はいなくなっていったわけです。
我々現代人が紙幣でものを買える(交換できる)のが当たり前だと思っているのは、物心ついてお金や紙幣というものの存在を理解した時点で硬貨やお金でものやサービスが買えるのは当たり前だという現代に生まれたからです。紙幣は物品と交換可能な価値を持ったものという常識がすでにできあがった世界に生まれてきたから紙幣の価値というものをまったく疑うことなく信じているのです。

この動画では少し陰謀じみた感じで表現してたりしますが、お金の仕組みや成り立ちというものをわかりやすく説明していると思います。
銀行が預かっているものの価値を越えて紙幣を発行できるということはどういうことなんでしょうか?
価値のあるものを預かって、その価値のあるものに応じた預かり証明書がもともとの紙幣であったならば、現代の紙幣(不換券)とはいったい何なのでしょうか?

またつづきは次回に書かせていただこうと思います。
posted by Robusto at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記「人類について」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。