2015年04月24日

自分の目指すもの4(マネージメント3人事管理)

前回までにお話したのは原価管理やコンセプトなどという比較的経験や理論的な理解とアイデアがあればある程度できるものなんですが、今回お話しする人材管理というのはそれぞれの個性や人間性というものが影響してしまうので一筋縄ではいかないものです。
そして人材というのはお店そのものがどうなっていくかに影響していきます。
マネージャーとしての人材管理ではどういうことが大事かと言いますと
@人件費(Labor cost)管理
いいスタッフをたくさん揃えるにこしたことはありませんが、会社の利益を考えて人件費をコントロールしないとなりません。当然経費が増えれば利益は減るわけですから。
店内のオペレーションの効率化などをして必要人員を減らすということも人件費のコントロールに繋がることです。人件費(主にレギュラースタッフ)は固定費となるものでお店が暇でもそれに比例して減るものではないのでコントロールが難しいコストの一つです。そしてマネージメントの中でもとても大事なものの一つです。
A人員管理
お店の内容やつくりにもよりますが、お店には必要人員、適正人員というものがあります。
10人が適正のお店で8人しかスタッフがいなければ、どこかでスタッフに無理がかかったりサービスが行き届かなくてお客様に迷惑をかけたりします。そして、スタッフも同じ給料で仕事だけがキツくなってしまったら、ストレスや不満がたまり退職する人がさらにでて悪循環を生みかねません。
お店の商品レベルやサービスレベルを維持するためにはしっかりと人員を確保しなくてはなりません。お客様にはスタッフが多いとか少ないとかいう事情はわかりませんし、関係のないことです。
人が少ないから手抜きしてもいいものでもありませんし、サービスが行き届かないということに対して「人が少ないから仕方ない」というお店側の勝手な理論は通用しません。
サービスというものは人があって成り立つものですのでサービス業においてはとても大事なものです。
そして、できるだけ長く続けてくれるスタッフを持つということも大事なことです。経験や信頼関係、連携力など一緒にやりながら培われるものというものはたくさんあります。
在籍スタッフ数の管理だけでなくシフト組みや休暇管理など人員管理のやるべきことはいろいろとあります。
B人材育成
私はマネージャー業務において一番重要視している項目です。
詳しくはカテゴリのリーダーシップ論(リンク)をご覧いただければ、私が人材育成というものをどれだけ重要視しているかわかっていただけるのではないかと思います。
スタッフを育てるためには、スタッフが前向きに頑張れる環境を作らなくてはいけません。そうしてスタッフが前向きに向上心を持つようになればサービスや商品の質もあがりお店の雰囲気もよくなっていくものです。そうなると長く続けてくれるスタッフも増えていくことになります。スタッフの意識改善、向上意識の植え付けというのはとても効果的で、現場のトップであるマネージャーにとって一番大事なことだと私は思ってます。
BLOGC2014FUSION.jpg
人を管理するためには経験やスキル、知識といったものも必要ですが優しさや思いやり、厳しさ、そして愛が必要だと思います。そういった意味では人から信頼されるマネージャーになるという目標を持つことは自分自身の人間性を高めるためにもとても素晴らしいことだと私は信じています。
特に私の仕事バーテンダーというものは自分がカクテルを作れるだけでは仕事になりません。自分だけがお酒の知識を持っていても仕事はうまくまわせません。
一緒に働く人々のステップアップを助けることが自分のステップアップになるのです。
マネージャー業務というものはとても奥深くておもしろいものだと私は思っています。

Hirakawa
posted by Robusto at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のめざすもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。