2015年04月23日

日本と海外の違い3(日本人が勘違いしてる外来語1)

今回は多くの日本人が間違ったもしくは誤解して認識しているであろうと思う言葉(日本語英語)をいくつかあげさせていただけます。

①セレブリティ(celebrity)
日本では金持ちや高級なものを指す言葉のように使われてます。
日本ではただのお金持ちを指して「あの人はセレブだ」とか、リゾート地に旅行に行って「セレブな生活」などというようなことを言う人もいます。
しかし本来の意味は違います。英語のcelebrityの意味は著名人、有名人などをさす言葉でお金の有無や生活環境の豪華さを意味する言葉ではありません。そういう意味でいえば生前に一枚しか絵が売れたことのないゴッホは日本ではセレブではないかもしれませんが、本来の意味でいけば彼はcelebrityに当てはまります。
現代社会では著名人や有名人になればお金持ちになる可能性は高いのでどちらにも当てはまる人もいますが、ただのお金持ちは本来celebrityではありません。

②テンション(tension)
本来の英語の意味では「張りつめる」などという意味です。
日本人の多くは「テンションが高い」とか「テンションを上げる」というと「元気を出す」「気分を盛り上げる」というようなポジティブな意味で使う人もいますが、英語では「緊張」とか「緊迫」とか比較的ネガティブな意味で使われることが多い言葉です。
文法や使い方によって意味がかわることもありますが、「日本と中国のテンションが上がっている」という場合は英語的にテンションを解釈すればだいたい「日本と中国が緊迫関係にある」ということで「日本と中国がノリノリになっている」というような意味ではありません。この場合は間違ってはいますがある意味ポジティブでおもしろいなと個人的には思いますが。
BlogJAPANCHINA111.jpg
「日本、中国仲良しヤッホ〜!!」テンションア〜ップ!!ではありません・・・


③タレント(talent)
日本では主に芸能人をさす言葉と思われることが多いですが、これも英語で使う時は意味が違います。
才能とか素質、手腕という意味合いで使われます。職業をさす言葉でもありませんし、メディアに出ているかどうかも全く関係のない言葉なので、意味も使い方も全く違います。

④ハーフ(half)
日本ではこの一言で混血という意味で通ったりもしますが、英語で話す場合「Mix」と言うのが一般的で比率的な話で「I’m half Japanese and half American.」などと使うことはありますが「I'm Half」だけでは基本的に通じません。相手に「あなたは半分???」と疑問を持たれるだけでしょう。
クォーター(Quarter)も同じですね。あくまでも比率をさすことばです。日本語でも「私は4分の1です。」と言われてもチンプンカンプンですが「私は4分の1ロシア人の血が入ってます。」なら通じますよね。
完全な間違いとは言いませんが日本と同じ使い方ではほとんど意味が通じません。

じつはこんなのはまだまだたくさんあります。
posted by Robusto at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本にある言葉の間違い | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。