2015年04月11日

私がバーテンダーになった理由

久々に過去記事からのコピー編集です。

私がバーテンダーになった理由。
お客様によく聞かれる質問があります。
「なんで?バーテンダーになったんですか?」と聞かれます。

これを読んでいただけたら、私が他のバーテンダーと違う特殊な行動をしていることにも納得していただけるのでは・・・と思います。

私の家庭環境はちょっと特殊な環境でした。
酒乱の気があり、仕事にも怠け癖がある父親といろんな仕事で才能を発揮する母親の二人に育てられた私は、あまり父親を尊敬していませんでした。
父親に悩まされる母親を小さい頃からずっと見続けてきました。
夫婦喧嘩、家庭内暴力などは日常茶飯事で私や母は暴力を受けて病院で精密検査を受けなくてはいけない状態になったこともありました。
でも、友達や同級生達の家庭の話を聞くと偉大な父親のいる家庭は少なくありませんでした。
正直、父親に憧れるような親子関係のある家庭。
そんな家庭が羨ましくもありました。

そして私が小学生の時に、両親の別居が始まりました。
そんなタイミングで妹の白血病が発覚し、この時は特に母親の強さと父親の頼りなさを感じてしまいました。

そんな家庭環境で育った私は、ある時『世界一の父親になりたい』と思うようになりました。
それは、自分の家族からは尊敬されたい、子供にとって憧れの父親であり、女房にとって頼れる旦那でありたい。
他人には認めてもらえなくてもいいから、自分の未来の家族には認めてもらいたい。
そして社会に出て感じたことは「良き父親に必要な物って?」というそれまでの疑問に対しての答え・・・

仕事のできる男、家族の為に働く父親。
これではないか?と
まだ若かった時、体育会系の先輩達と飲みに行くことが多く、一気飲みなどばかりでお酒を美味しいと思わなかった私はある先輩に連れて行かれたお店でお酒というものの見方が大きく変わりました。
カクテルという今までに無い新しいお酒の飲み方に私は魅了されました。

翌日の休みの日は本屋さんで買ってきたカクテルの本を一日中見ていました。
見たことも聞いたことも無い様々なお酒に好奇心を掻き立てられて、私の関心はそこに集中していました。
知りたいという気持ちの強さが気がつかないうちに私の勉強意欲に変換されていました。
そして、ふと「これだけのエネルギーを仕事に注ぎ込めたら?」と考えました。
その時、私はバーテンダーになることを決意しました。

しかし私のイメージしていた華やかな世界とは違い、グラス洗いやトイレ掃除等の雑用を繰り返し、お酒のボトルに触れることも無いような日々がずっと続きました。
そんな毎日を繰り返すうちに「世界一の父親」思想はどこかに忘れ去られていきました。

そして、やっとカクテルを作れるようになりだした頃・・・
妹の他界という大きな状況変化にぶつかり、私は店を辞めて九州に帰ることに・・・

↓妹の病気のことはこちらに書いています。(こういう考えを持った理由がわかってもらえるかと思います。)
http://blog.livedoor.jp/cigarbar/archives/713734.html

妹に一度くらい私の作るお酒を飲ませてあげたかった。。。
人の死という避けられない、いつかは必ず訪れる現実を考えるようになり。
「自分が生きている間に何ができるのだろうか?」という疑問にぶつかった。
そしていっときの間バーテンダーという仕事から離れることに・・・

その何年か後のクリスマスの日にアナウンサー、エンターテイナーとして多くの人々を魅了してきた逸見政孝さんが亡くなられました。
その時テレビで娘さんが会見で涙しながら「世界一のお父さん」という発言を・・・

この時、私の忘れていたものが蘇ってきました。
人は死んでも、周りの人々に残せるものがある・・・
死んでも家族や知人が誇りに思えるような男になりたい。
たった一度の人生かもしれないけど出来ることはたくさんある。
自分の為だけに生きるような小さな人生では無く、人々に何かを残せる大きな人生にしたい。
そして、それをまわりの人々に誇りに思ってもらいたい。
死んでも存在し続ける男になりたい。
子供や孫、親戚、友人、仲間に誇りに思ってもらいたい。

私が今までで一番一生懸命やれたこと、一番情熱を注ぎ込めると思ったこと・・・バーテンダー!
多くの人々に幸せを与えられるお酒を提供していきたい。
悲しい時も嬉しい時もお祝いの時もそして寛ぎたいときもお酒は裏切らず。
喜びも悲しみも、出会いも別れもあり、時には喧嘩もあるバーという舞台に立って、多くの人々を幸せにしたい。

そして、日本の酒文化に何かを残したい。
そしていろいろ自分の残せることをやっていこうと思って仕事をするようになりました。海外に出るということもその中の一つでした。
バーテンダーなんてたいしたお金にもならない、儲かるような仕事ではないかもしれないけど、それは自分のそんな夢の為にやっていることなので全く苦にはならないし、逆にやりがいと生きがいを感じています。

私のやっていることがどれだけ世の中で役に立つかはわかりませんが、少しでも人々の役に立てたらと思ってます。
私はそんな思いでバーテンダーになって、バーテンダー続けてます。


Hirakawa
10615604_10204170629253171_7857669891890149746_n.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。