2015年04月01日

海外のバー事情1(キャッシュオンデリバリー)

今回はバー の支払い方法について。
海外ではキャッシュオンデリバリーという支払い方法をとるお店が比較的多いです。日本人には慣れない支払い方法で面倒くさいという方も多いかもしれませんが、このシステムでないと逆に面倒くさい問題を引き起こすことも多いのでこのシステムを取るところが多いです。
その理由を分かりやすく説明します。
理由@ スタンディング客が多いお店。特に西洋人は立って飲むのが好きな方が多いです。こういったお店ではお客様が決まったところにいないので、伝票の管理が難しいということが理由でこのシステムにします。クラブ(踊る)やディスコなどもこれが理由でこのシステムにしています。
理由Aお客様同士のグループの特定がしにくい。@と理由は似ていますが、知り合いと途中からジョインしたり先に出てしまうお客様がいるとお会計の際の支払いが複雑になってしまうためオーダーの都度にお会計すれば把握が しやすくなります。パブなどの気軽に人々が仲良くなってジョインしたり奢ったりするようなお店では非常に分かりやすくお会計ができます。
理由B 人事の効率化。これはお店側の都合ですが、とくに忙しいお店ではお客様が直接カウンターでバーテンダーにオーダーをしてバーテンダーは言われたオーダーを次々に作りお金と引き換えにオーダーを渡すという形にすればウェイトレスはいらず、たくさんのお客様を効率的に対応していけます。オーダーのセルフサービスという形になりますが、こういうスタイルのお店は比較的安くで飲むことができますし、それもお店の雰囲気のひとつとなります。
理由Cチップシステムの影響。これもお店側の都合です。国にもよりますが飲食店従事者にとってチップというものが非常に大事な収入源となる国もあります。お会計の回数が増えることによってチップが増える可能性があるのと同時に、チップがシェア制でなく担当制である場合は、毎回お会計時にチップをもらうことにより、各自がもらえる配分がわかりやすくなります。たくさんオーダーをとってサービス をするスタッフのほうがたくさんチップをもらえるということになりサービス効率をあげることに繋がります。
理由D取りっぱぐれない。今の時代飲み逃げなんてなかなかないとは思いますが、パブなどではお一人様客が多く、お会計を先にいただいておけば席を立たれても安心ですし、万が一お客様が酔いつぶれて支払い不能になってしまったりするようなことになっても事前にもらっていれば安心です。お客様の財布から勝手にお金をいただくわけにもいきませんので・・・

これらが主なキャッシュオンデリバリーにする理由だと思います。海外のバーで働くとこのシステムがどれだけ有効なシステムかということがしみじみわかります。
1185783_10201459324712252_1804907637_n.jpg
2009年SOHOのCheri-Cheriで働いていたとき(画像は私がCheri-Cheriで働いていたときのものです。)週末は次から次にお客様がカウンターに押し掛けてきて、聞こえるオーダーを片っ端からつくってお金と交換して缶のボックスにお金を放り込んでました。お酒を作るだけでなく、瞬時にお会計をしなくてはならないのでオーダーの金額がしっかり頭に入っていて暗算も素早くする必要がありました。今思えば素晴らしい経験だったなと思います。
日本ではなかなかこのシステムは定着しません。お酒を飲むスタイルの違いもありますし、チップの習慣の有無も あると思いますが、一番は紙幣の最小単価の違いが大きいのではないかなと個人的には思います。日本は紙幣の最小単価が1000円です。香港ドルの10ドルやUSドルの1ドルはどちらも100円前後相当です。硬貨での支払いは非常に面倒ですしおつりでたくさんもらうのも非常に不便です。気軽にお会計がしやすいというのもひとつの理由であるということを考えると日本ではCODシステムはなかなか定着しにくそうですよね。
posted by Robusto at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のバー事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーダーシップにおいて私なりに心がけていること3(長所を探す)

こちらも過去掲載の編集コピーです。よろしければ以前の記事も合わせてお読みください。
リーダーシップにおいて私なりに心がけていること1(人を見下さない)
リーダーシップにおいて私なりに心がけていること2(過程を評価する)
*****************************
長所を探すこと。
私が二十一歳になったばかりの頃、とあるお店に店長就任が決まった時に社長が一冊の本をプレゼントしてくれました。
その中にあった一つのお話に私は感銘を受けました。
デトロイトのある小学校での話です。
ある日の授業で実験用のネズミが逃げ出したときのこと、生徒たちは一生懸命ネズミを探したのですが全然見つかりません。そのとき先生は一緒に探そうとしていない一人の少年に声をかけました。「モーリス君も一緒にネズミを探して」と、しかしモーリス君は「僕は目が見えないから探せない」と断りました。彼は生まれてすぐに全盲となってしまい目が見えないのです。しかし先生はそれをわかった上で「あなたには優れた耳がある」と言ってみんなを静かにさせてモーリス君がネズミの音を感じたところを探しました。
そこにネズミはいたのです。今まで目が見えないことで消極的だった彼が自分が他人よりも優れているということを実感した瞬間でした。
そのきっかけがあって彼は自分の耳の持っている能力を発揮して音楽を始めました。
それから間もなく11歳のときにモータウンで契約をし、リトルスティービーワンダーという名前で12歳でデビューしました。そうです後にスティービーワンダーとして世界に知らない人はいないのではないかと言われるほどのスーパースターとなるのです。13歳で史上最年少のビルボードヒット100で一位を獲得するに至りました。
のちにスティービーワンダー自身があのきっかけが自分を変えたというほど、彼にとってはその先生の言葉が転機を与えたのです。
他人が見過ごしてしまっている才能や長所を見いだすこと、何かのきっかけを見いだすことをしてあげるということは簡単ではありません。それが生半可にいいというだけではなく、本当に優れたところであり、今後の伸びる可能性を見いださなくてはなりません。人はどうしても人の悪いところばかり気にしてしまうものです。自分が優れているということを認識するために人の悪いところを見るのではなく、自分より優れたところを探して素直に認めてあげればその人には自身がつきます。年齢や立場がどうであっても優れているものは優れているのです。人は誰しも褒められると嬉しいです。でも実力や才能を認めてもらうのは表面的に褒められるよりもっと嬉しいのです。それが頑張る原動力にもなるのです。
*****************************


Hirakawa
リーダーシップにおいて私なりに心がけていること4(平等と公平の違い)
posted by Robusto at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。