2015年04月19日

白血病の妹が私に与えてくれた様々なもの

過去記事からの転載再掲載です。
今日だけは酒を不味くするかもしれませんが・・・
ちょっと今日は淋しくなるような悲しくなるような湿っぽい思い出の話、体験談を書きます。

ですので、見たくない方や仕事中の方、ハッピーな気分でいたい方はこの時点でスクロールせずに読むのを辞めてください。





実は私の妹は約20年前に白血病で他界してます。
妹の病気が判ったのは、私が小学生の頃父と母が別居の為引越しをしたのがキッカケでした。

引っ越して妹の病院を変えたところ、今までの病院ではたいしたことないと言われていたのに、いきなり妹は日大病院に連れて行かれ入院。

当時妹はまだ3歳でした。
その日から私は、半一人暮らしの生活が始まりました。
世間で俗に言う鍵っ子になりました。

昼間は看護婦さんが妹を見てくれていますが、夜は母が付き添わなくてはならない為、母はいつも昼のうちに仕事に行き、家に帰ってきて家の事を済ませると毎日病院に泊まっていました。

私は毎日、家に帰ると壷の中にある500円札を持って自分で夜ご飯を買って食べてました。
当時9歳の自分には、少し寂しい夜の食事でした。

そんな毎日を繰り返しながら、時々学校が終わって病院へ行きますが、小児病棟への子供の立ち入りは禁止されている為、妹にはほとんど会うことは出来ませんでした。
妹にも会えず、母とも時々しか会うことができず。

母の友人や知り合いは妹のお見舞いに行くことはあっても私には誰も会いに来てはくれませんでした。
正直当時の私は妹に嫉妬しました。
毎日、学校が終わって家に居るのが寂しくて壷の中の500円札を持って遊びに行きました。

他の友達は夜まで遊んでいると親から怒られていましたが、誰も私のことを怒ったり、家に連れ戻してくれる人はいませんでした。
ある夜、私は熱を出しました。
引っ越してからあまり近所付き合いもなく、周りに誰も頼れる人も無く私は熱にうなされました。

あの時ほど寂しく辛い夜はありませんでした。
私はあまりの苦しさに母に電話しました。

しかし電話の向こうで母は「友人のおばさんにすぐに行ってもらうから」と私に言いました。
当時の私の子供心としては、やはり母は妹のほうが大事なんだぁと、ひねくれたとらえ方をしてしまいました。

まだわがままな子供だった私は正直、寂しさと辛さのあまり「もうこのまま死んでもいい」なんて馬鹿なことを考えたりもしていました。
そしていっときするとおばさんが来てくれました。
おばさんは私を看病してくれましたが、やはり私はこんなときにも会えない母親のことを考えると寂しくて仕方ありませんでした。
しかし次の日の朝私が目を覚ますと、横に母が居ました。

その時私はすごく反省しました。
私も母の大事な子供なんだと思うと病気で苦しむ妹に嫉妬していた自分が馬鹿だったと・・・
6歳も歳が離れた病気の妹に、嫉妬するなんて・・・
BLOG1A1A1A.jpg
妹は入退院を繰り返しながらも月日は流れ、私は16歳の10月に社会人として静岡に行きました。
そして初めて貰うお給料日の翌月には妹の誕生日がありました。
初めて貰ったお給料で私はサンタクロースのぬいぐるみをプレゼントで送りました。
決して高い物でもないし、たいした物でも無いのに妹は喜んで、大事にしてくれました。
きっとこの時、喜んでくれる妹を見て「人が喜んでくれるということって、こんなに素晴らしいことなんだ」と思った私は、人に喜びを与えるサービス業という世界への道を歩み始めたような気がします。

妹はぬいぐるみをいつまでも大事にしてくれました。
クリスマスが終わっても、夏になっても。。。
人に与えた物をこんなに大事にしてもらったのは、生まれて初めてでした。

そして、それから妹は入退院を繰り返しながらも約5年の月日が流れて、連休をもらって帰省して妹の病院に行きました。
妹はとても元気でした。車椅子で散歩(病院には内緒で外に抜け出したり。。。)に行ったり、いろんな話をしました。

そして、私が聴いていた曲に興味を持ちました。
Stevie BのBecause I Love Youという曲です。
私はその曲のCDを妹に買ってあげました。

それから何ヶ月か過ぎて、母から電話がありました。
「妹の意識が戻らない」と・・・
妹は自分で呼吸をすることも出来なくなり、喉を切って管が通されていました。
久し振りに会うのに口もきいてくれず、目を開くこともありませんでした。
そしてずっと意識は戻りませんでした。
妹のベットの横には汚れたサンタクロースのぬいぐるみがありました。
そしてCDラジカセの中には私があげたCDが・・・

ある晴れた日に、苦しむことしか出来なくなった妹の延命処置をやめていただくように私と母から御願いしました。
外は晴れていたのに雨が降り出しました。

泣き崩れる母の前で私は涙を流すことは出来ませんでした。
私が中学生の頃から、担当していた看護婦さんも横で泣いていました。
そして通夜の夜、妹は子供だった為来られる方もそう多くは無いだろうと思っていた母と私はビックリしました。

私も知らない多くの人達が妹の通夜に来ました。
話を聞くと妹は生前、空き地で花を摘んできて近所の人にあげたり、あめ玉をあげたり、いろんなところで会う人々に挨拶をしたりしていたらしいのです。
きっと妹が生きていたら最高のサービスマンになっていたかもしれません。。。

多くの家の近所の人達や病院周辺の人達が来ました。
通夜は予想以上に長引き多くの人々が来て、深夜までかかりました。

葬式当日、母が打ち合わせをしている時に私は妹の棺に行きました。
それまで母の前では流せなかった涙を私は流しました。
本当に身体中の水分が無くなってしまうのではないかというくらい泣きました。

そして葬式も終わりかけて、母が喪主の挨拶を終えようとした時、母は倒れそうになりました。
私は母をしっかり支え二人で最後の挨拶を終えると、母は力尽きるように私に全体重を預けてきました。
この長い間、頑張って病気の妹を支えてきた母の闘いは終わりました。

そして、こんな妹がいてこんな母親がいたからこそ今の私があるのです。
家族の愛、人への優しさや思いやりの大事さを私は子供の頃に身近に感じることができました。
悲しいことも辛いこともあったけど、それ以上に大きな愛があったから私は今まで生きてこれたんだと思います。
こんなありがたい人生を私は大事にしていこうと思います。
病気の幼い娘と手のかかる息子を女一人で育ててきた世界一の母親には、心から感謝しています。

こんな湿っぽい記事で申し訳ありませんでしたm(__)m
そして私はこうしてバーテンダーとして新たな考え方を持って歩み始めました。
http://jpbartender.seesaa.net/article/417102586.html

妹にあげたCD、Stevie BのBecause I Love Youもしよければ聴いてみてください。

2015年04月18日

自分の目指すもの3(マネージメント2コンセプト)

前回(マネージメント1原価管理)では原価の管理や設定について書かせていただきましたが、今回はそれらの要素にも大きく影響する「コンセプト」について書かせていただこうと思います。
この話はこれから世界で活躍するバーテンダーに必要なものとしてマネージメントのことを書いていますので、できる限りそういう視点で考えて書きたいと思います。

まずコンセプトにおいて「大事なこととは何か?」ということですが、コンセプトというのはお客様にお店や商売の概要を知ってもらうために作るのが主な役割だと思いますので、「一貫性」というのが私は大事だと思ってます。
どういうことかと簡単に言いますとある時は「高級店」、ある時は「格安店」ではダメだということです。
高級店であるなら高級店にふさわしい立地、内外装、商品力、対応力などできる限り一貫してお店を作らなくてはなりません。格安店で高級店のような立地や内外装をするのが悪いことではありませんが、格安店というのはコストを少しでも抑えないとビジネスが成り立ちにくいので当然家賃や内外装費に高い予算は使えません。

これは価格帯の問題だけではなく商品となる料理や飲み物の形態にも言えます。
実はこの一貫性というのは、コンセプトだけに限らずマネージメントにおいて非常に大事なことなのです。

お店の定休日や営業時間なども利用するお客様に一度浸透してしまった後で変更すると、なかなか定着しないうえに今までの定休日や営業時間を信じて来店したお客様の信頼を裏切るということにもなるのです。

私が昔とある郊外のバーで働いてたときのことです。大晦日、お正月そしてお盆といった帰省の多い連休を休まず営業することにしました。しかし最初の年はあまりお客様は入りませんでした。頑張って多少の店内告知もおこなったりはしましたが、それは通常営業より客数も売上げも低いものでした。
しかし翌年は前年に営業していた事実というものも手伝って、通常の営業よりも多い集客、売上げとなりました。そして三年目は完全に満席となり年間のうちでもほぼトップとなるような売上げになりました。
帰省時期には久しぶりに会う地元の友人や家族などと話せる場所が欲しくなるのはごく普通のお客様側の需要だと思います。
しかし、営業するお店というものが少ないのも事実です。そう考えるとたくさんの需要がありそうですが、お客様はやってるかどうかわからないところを目的地としては動きません。
人々にものごとが伝わったり知ってもらったりするまでには多少の時間がかかります。ましてやしっかりと定着するまでにはさらなる時間が必要だと思います。
これは定休日や営業時間の変更にも言えることです。いきなり営業時間を2時間延ばしたってその時間帯の集客がいきなり増えるわけではありません。数週間、数ヶ月繰り返すうちにだんだん増えてくるものなので、あまり結果がでないからといってすぐに辞めるなら最初からやらないほうがいいです。
定休日や営業時間などもコンセプトとして打ち出すものの一つです。
BLOG1B1ALETAGE.jpg
コンセプトは多すぎてもわかりにくいです。二つ三つくらいのわかりやすいコンセプトのほうがお客様には浸透しやすいです。そして決めるからには一貫してやらなくては簡単に結果はでません。
いくつかの例をあげます。
「気軽にいつ行っても飲めるバー」というコンセプトならば、比較的リーズナブルな価格設定で定休日を定めないでできるだけ長い営業時間を設定したほうがいいでしょう。
「高級感のあるゆっくりできるバー」というコンセプトならば、内装や立地、商品にもこだわった高級感を作り上げて、そういった高級感を崩さないように努力し続けなくてはなりません。床や壁紙が剥げたらすぐに補修するべきだし。細かい備品なども安っぽいものを使ってはいけないと思います。
「本場の本格フレンチレストラン」ならば、それに見合った知識や腕を持ったシェフをおき、内装や装飾品、什器、備品などもコンセプトに沿ったものを用意して。BGMなどにも気遣いが必要でしょう。
一つの一貫したコンセプトを維持することがマネージメントにおいて大事な要素の一つなのです。
もちろん、ときには人材不足で営業時間、定休日、仕入れ価格やコストの高騰で価格、シェフなどの変更で提供商品などを変更せざるおえないことがあるかもしれません。しかしそういった変更は多大なリスクがあるのです。
だから開店時に定めるコンセプトはできるだけ長く無理なく続けられるもので、お客様の需要が見込めるものを選ばなくてはなりません。
もちろんやり続けても先が見えないと判断するなら変更をするしかありませんが、変更すればそれまでのコンセプトが好きで来てくれていたお客様は離れる可能性があり、新しいコンセプトが浸透するまではある程度の時間がかかりますので、それを覚悟してやらないといけないと思います。
マネージャーはこのコンセプトを守り続けるのが大事な一つの仕事です。そして経営状態をみてコンセプトの変更を実施するのも大事なことです。

Hirakawa

posted by Robusto at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のめざすもの | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

リーダーシップにおいて私なりに心がけていること6(自分に合ったやり方)

リーダージップ論を5回にわけて書き続けてきたわけですが、すべてにおいて言えることですが指導者の性格やキャラクター、教わるスタッフの性格などは皆違いますので、絶対に間違いないやり方(完全なセオリー)というものはほぼ無いといっていいものです。
優しそうな雰囲気の人と怖そうな雰囲気の人では同じことを言っても同じやり方をしても、相手への伝わり方や印象は当然違うのです。
リーダーシップや接客などにおいて自分のキャラクターを確立し、それがあるうえでの指導方法の理解というものが大事になってくると思うのです。
今回はそういった視点でリーダーシップ論を書かせていただこうと思います。
BLOGXDAY1.jpg
私は比較的相手に優しいイメージを持ってもらえるようです。そんな私のイメージに合わないやり方でいきなり相手に接すれば「この人ってこんな人だったの?」と思われることもあります。当然そのギャップをいい方向に利用することもできれば、悪い方向に作用してしまう場合もあるのです。

私は二十歳ぐらいの頃、憧れる先輩のやり方をコピーして真似しようとしていた時代がありました。
先輩は威厳があって厳しそうなキャラクターで独特の雰囲気を持っていましたから、厳しい言い方であったり頭ごなしにものを言っても部下や後輩たちは先輩に着いていってました。そんな先輩に私は憧れていました。
しかし、私がそれを真似て同じことをしようとしても全くうまくいきません。その時の私は「後輩に舐められてる」という単純な考えで、認められるために仕事能力をアップさせるべく努力をすると同時に舐められないキャラクター作りをしました。そして舐めてくるスタッフは厳しくし時には容赦なくクビにしたりして自分の立ち位置とやり方を確立しようとして比較的強引な仕事のしかたですすめていました。
しかし、どこかに無理は出てくるものです。表面上はどうにかなっているように見えても、スタッフにも私にも抑えているものや無理している部分があり何かのきっかけで問題が露呈してしまうのです。
若くしてお店を任されるようになったので、当時は「若いから舐められてた」と思っていましたが、歳をとるにつれそうでないことに私は気づきはじめました。
私は比較的、お客様や友人などから相談を受けたりすることが多いほうです。そして昔からそういった相談などに対しては比較的適切な対応ができたりしました。
そんな相談者の人には「あなたにはなんでも話しやすい」ということを言われたりもします。
私はそんな風に人に見られているということをいいことだと思い、もう一度自分を見つめなおそうと思いました。昔憧れていた先輩には私は怖くてあまりいろいろなことを話せませんでした。実際にはそんなことはないんですが「こんなこと言ったら怒られるんじゃないか?」という勝手な先入観すごくあって、まわりの人も皆がそういう接し方をしていうのもあり、皆が自然とそういう接し方をしてしまっていたのでしょう。
そんな先輩とは違い、私はみんながなんでも言ってくれやすい雰囲気だったのに、その先輩という理想の上司像と違った接し方を部下や後輩からされることに必要もない嫌悪感を感じてしまっていて、自分にとってどうしたらいいかということも考えずに、私には適さない理想というものを追いかけてしまったから無理があったのでしょう。
人間にはそれぞれ違った個性やキャラクター、イメージ、性格があるわけで皆が同じやり方をしたところで皆がうまくいくわけはありません。
二十代のあるとき、私はやり方を変えるようになりました。
他人の言葉を受け止める努力をするようにしたんです。今まで「上司にそんなこと言うなんて失礼なやつだな」とか「そんなこと俺に言うな」と思うようなことでも一旦は聞き入れることにしたのです。
最初のうちは精神的に辛い時期もありましたが、だんだん替わってくるのです。
そして昔自分の目指していたやり方と同じことをやろうとしている人を端から見ていると、今までの自分が滑稽に思えてきたのです。
そして、部下や後輩の素直な意見や質問を聞いていると、自分の勉強にもなったりするのです。そして頭ごなしにものを言っていた時代よりも部下や後輩がどんどん育つようになってきたのです。
私は「自分は部下に舐められている」という受け止め方から「自分は部下の意見を引き出せる」と思うようになることができました。もちろん部下や後輩は自分よりも経験や知識などは浅いことが多いので間違ったことを言うことも多いです。でも、そういった「間違ってるかもしれない」と思えるようなことでも相手が言えて、それを少しでも受け止めてあげれば、相手も少しずつ変わってくるのです。

例えば若い頃の私だったら
「炭酸類もシェーカーに一緒に入れて振ったらどうなるんですか?」というような質問に対して、頭ごなしに「そんなことやったらシェーカーの中の気圧があがって破裂したり液漏れしてしまうし、飲み物の炭酸が抜けてしまうからダメだ」ということをちょっと上から「そんなこともわからないのか?」と言わんばかりの言い方をしたりもしていたのですが。
あるときから
「どうなると思う?」「やってみるか?」という相手への選択肢を与えるようにしました。そしてそういう中から結論を出して教えてあげると納得度も高いうえに、その後もいろんな質問をしてきてくれるようになるものなんです。
基本的にそういう場合に私は「やってみるか?」と聞いてスタッフにやらせてみることが多いのですが、最初に「シェーカーの中の気圧があがるから、トップが外れないようにしっかり握るんだぞ」などというアドバイスをしてやらせてみます。そしてできあがった炭酸飲料も本人に飲ませてみます。それをやればどんなに頭の悪い子でもシェーカーに炭酸を入れるて振ることはカクテルを作るうえでは意味のない無駄なことだということを身を持って理解するのです。
ほかのことでも私はスタッフの疑問や質問を可能な限り受け止めるようにします。
そして疑問や質問を持ったら、答えを知れた時、理解できた時の喜びを感じさせてあげて。そういうときに躊躇なく答えを知ろうとする姿勢を作れるのです。それが人材が育ちやすい環境を作るということに繋がると私は思ってます。
若い頃には理解できていなかった自分を理解できたそのときに、私のリーダーシップ能力は大きく変わりました。
人を変えることだけが良いリーダーシップへの道ではありません。自分を変えることも良いリーダーシップ力を発揮するためには大事なことなのです。
まだまだ私には変われる何かがあるかもしれません。今後もそういった自分探しをしていきたいと思っております。

Hirakawa
posted by Robusto at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ論 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。